Microsoft Teams コネクタ

カスタムメイドのソフトウェアを Microsoft Teams のような最新のソリューションに接続することは、特にレガシーなソフトウェアを使用している場合には難しく、多くの時間を必要とします。

当社の Microsoft Teams コネクタは、お客様が必要とするスタートを切ることができます。このコネクターを、事前にテストされた当社の統合プラットフォームとともに使用することで、以下のことが可能になります。 コーディングの手間を最大で90%減らします。.

Microsoft Teamsコネクターは誰のためのものですか?

  • 私の 会社がMicrosoft Teamsを使用しており、それを接続したいと考えています。 既存の他のソフトウェアに
  • 私の会社では Microsoft Teamsからのスタート.ユーザーが日常的に使用しているソフトウェアと統合して、ユーザーの導入を迅速にしたいと考えています。
  • として ソフトウェアプロデューサー 或いは 独立系ソフトウェアベンダー(ISVをしたいと思っています。 自分のソフトウェアとMicrosoft Teamsとの連携を可能にするオプションを早く追加してほしい。チームを統合して機能を拡大
  • として コンサルタントをしたいと思っています。 お客様に統合的なソリューションを提供するコラボレーションツールとしてのMicrosoft Teamsを含む

どのような仕組みになっているのですか?

Connect Bridgeインテグレーション プラットフォームは、Microsoft Teams と統合するためのベースとなります。必要なのは、このプラットフォームとMicrosoft Teamsコネクター、そしてモダナイゼーションを行うソフトウェアのソースコードへのアクセスだけです。オンプレミスのソフトウェアでも、クラウドベースのソフトウェアでも使用することができます。

Connect BridgeトランスレートANSI標準SQL構文の中へ適切なAPIコール.開発者は、SELECT、INSERT、UPDATE、DELETEステートメントを使用して、標準的なSQLを介して任意のターゲットシステムと通信することがはるかに容易になります。

Connect Bridgeプラットフォームは、試行錯誤の末に完成したソリューションです。過去10年間、様々な種類の統合プロジェクトに使用されてきただけでなく、世界中で1,000以上の導入実績があるマーケットリーダー製品のベースにもなっています。さまざまな方法で使用できる柔軟なソリューションです。さまざまなソフトウェアを統合したい場合には、Connect Bridgeが最適です。

チームとの連携など、さまざまな機能を搭載

ができます。 Microsoft Teamsコネクターと その他数百種類のコネクタ をビジネスソフトウェアのために開発しました。つまり、統合を拡大することができるので、ソフトウェアを最新の状態にするための強力なツールとなります。最も人気のある統合の例を挙げると、Microsoftとの統合が可能です。 Exchangeマイクロソフト SharePoint, ドロップボックス, Google ドライブまたは セールスフォース.

ソリューションのメリット

どのクライアントソフトからでもデータを操作できる

Microsoft Teamsに接続し、そこにデータを操作する任意のクライアントソフトウェアから

統合メンテナンスの一元化

統合のメンテナンス
です。一元的

クエリやトリガーを簡単に変更可能

インテグレーションの調整は、クエリやトリガーを変更するだけで簡単にできます。

新しいプログラミング言語を学ぶ必要がない

学ぶ必要がない新しいプログラミング言語を学んだり、長文のドキュメントを勉強したり

特徴

100%制御

お客様のニーズに合わせて統合を調整するために、外部のIT企業を必要としない

将来性

将来的にシステムを更新することになっても、統合は機能します。

データを安全に保つ

直接アクセスできないため、データの整合性が損なわれない

時間とお金の節約

コードが少ないということは、コーディングの時間やデバッグの時間も短縮できるということです。

信頼と実績