SharePoint Structure Creatorとは?

SharePoint Structure Creatorは、CB Dynamics 365 SharePoint Permissions Replicatorのアドオン機能です。CB Permissions Replicatorは、SharePointに保存したDynamics CRMドキュメントを保護し、箱から出してすぐの統合における主要なセキュリティ上の欠陥を解決します。

このアドオンを使用すると、さらに一歩進んで、SharePointのドキュメントを整然と整理することができます。これにより、チームがSharePointを使用しているときにチームの生産性が向上し、組織が大きくなっても固有の権限制限に達するのを防ぐことができます。

どのように機能するのか?

このアドオンは、定義されたルールに基づいてドキュメントライブラリ in SharePointを自動的に作成または選択し、固有の許可範囲の制限に到達しないようにします。柔軟性があり、スマートです。あなたが設定したルールに従って、SharePoint側をすべて整理して、あなたにとって意味のあるものになるようにしてくれます。

CBパーミッション・レプリケータをインストールしたら、SharePoint Structure Creatorを動作させるために必要なことは、それを有効にすることだけです。ボタンをクリックするだけ...これ以上簡単なことはありません!

SharePoint Structure Creatorが従うべきルールを示す短いフォームに記入するだけなので、設定も簡単です。SharePoint Structure Creatorは、定義したルールに従って作成された分散ドキュメントライブラリにドキュメントを配置します。

レターまたはレターセットごとのドキュメントライブラリ *

期間ごとのドキュメントライブラリ(年、四半期、月、週、日、またはカスタム

レコードごとのドキュメントライブラリ

他のルールの組み合わせ

*  レコード名の開始文字またはレコードIDの開始文字に基づく

このシンプルながらも強力な設定を終えると、すべてが自動で行われます。また、最終的なユーザーにはほとんど透過的に表示されます。Dynamicsでは表示されませんし、SharePointではユーザーの権限に応じてのみ表示されます。

CB Replicator は、Dynamics 365 の権限が SharePoint の権限に正しくマッピングされていることを保証します。これにより、セキュリティが完璧に保たれることが保証されます。

製品のライブデモを見る

Structure Creator のコア機能

ドキュメントの自動作成 ibraries

ユーザーエクスペリエンスの向上

オンプレミスまたはMicrosoft Azureの導入に利用可能

豊富な設定の可能性

他にも色々と。 だから、今日は私たちの専門家に相談してください.

のアドオン機能です。 CB Dynamics 365 to SharePoint Permissions Replicator 自己ホスト型デプロイメントのための製品です。

展開オプション

Self-hosted
構内、またはクラウドサーバー/仮想マシン上での実行

お客様の成功事例

スライド "一度設定してしまえば何も考える必要がないソフトウェア製品の一つです。それは、それが行うと言っていることを行います。他のソフトウェア会社は、いろいろ言っていますが、彼らが言うようなことをしない会社があります。" マイク・フリーマン 情報技術担当副社長 スライド "似たようなことをしようと、こちら側の開発努力を分析しました。少なくとも4分の1の機能を手に入れるためには 多額の開発費と金銭的な投資が必要になることに気付きました" ブライアン・ハンセカー アプリケーション開発ディレクター

取得したらどうなるの?

サポート

我々はCB ReplicatorとSharePoint Structure Creatorの専門的なサポートチームを持っていて、信頼されていて、Microsoft認定を受けています。あなたは世界中の100以上のパートナーからSharePoint Structure Creatorを手に入れることもできます。彼らはあなたの近くにいて、あなたを最高にサポートすることができます。



気が変わったらどうする?

SharePoint Structure Creatorはいつでも好きな時に有効化・無効化できます。愛着が湧くツールですが、ロックされてしまうようなツールではありません。

SharePoint Structure Creatorを非アクティブにすると、このアドオンをアクティブにしていた期間中に作成された構造が保持されます。ただ、新しいドキュメントは、定義したルールに従ってフォルダに入れられなくなります。それらは再びすべて同じフォルダに移動します。

万が一、全ての回答が見つからなかった場合は、お電話でのお問い合わせをお待ちしております。