統合ソフトウェア:Connect Bridge、iPaaS、その他

ズォルト・ベケ 製品とソリューション コメントを残す

Connect Bridgeは競合製品やESB(エンタープライズ・サービス・バス)と比較してどうなのか、クライアントや見込み客からよく聞かれます。これは単純な質問のように見えるかもしれませんが、見た目以上に多くのことがあります。

金色の檻

最近、小さな甥っ子と一緒にレゴで遊んでいたのですが、とても満足できませんでした。レゴのレンガは美しくて素敵に作られていますが、自由と創造性という本来得意とすべき分野では、どうにかして挫折してしまっています。子供たちが自由にレンガに参加して、ファンタジーやミステリーの世界をデザインできるようにして、創造の世界を開くべきなのですが......むしろ、あらかじめ設定されたルールやプロセス、指示に従わせて、デザイナーがデザインしたものを実現させてしまうのです。

そして、それはデータ統合ソフトウェアの大半と同じです。あらかじめ定義されたルールやメソッド、トリガーで作られた金色の檻を提供してくれますが、それ以上のものはありません。

もし、あなたが事前に定義された...

iPaaS(サービスとしての統合プラットフォーム)やZapier、KingswaySoftソリューション、Snaplogic、Scribeなどの統合プラットフォームは、ワークフローの自動化を可能にするシンプルな定義済みデータ統合を構築するという、その目的に合わせて作られた優れた機能を持っています。また、様々な定義済みソースからのデータを大量処理してバルクロードしたり、他の定義済みアプリケーションで使用できるように変換したりすることもできます。これにより、専門知識や経験がなくても、直感的な事前定義された環境から、事前定義されたデータベースのビジネスプロセスやワークフローのデータを、きちんとした事前定義された方法で利用することができるようになります。

これはすべて素晴らしいことですが、少し定義されすぎていて、今日のビジネスが最も必要としているものが欠けていると思うかもしれません。 柔軟性, 創造性 そして 取締り.

Connect Bridgeは何が違うの?

正直なところ、何もかも。

iPaaSモデルとして提供されるソリューションは、原則としてビジネスユーザーを対象としていますが、Connect Bridgeは、より深く掘り下げ、より多くのコントロールを必要とする、より技術に精通したユーザーを対象としています。これらのiPaaSソリューションは、データベースと記録システム間の基本的な統合をすべて設定できる使いやすいインターフェイスを提供します。しかし、Connect Bridgeはそのようなものを提供しません。Connect Bridgeは、事前に設計されたワークフローに縛られることなく、独自の統合、ビジネス、処理ロジックをゼロから設計し、作成する自由を与えてくれます。アプリケーションやシステムを他のアプリケーションやシステムと統合したり、データを全方位的に同期させたり、最も意味のある方法でデータを消費したりすることができます。

さらに、iPaaSソリューションとは異なり、Connect Bridgeは、オンプレミス、ハイブリッド、クラウドの3つの異なる展開オプションを提供し、究極の柔軟性と独自のニーズに基づいた制御を実現します。

私たちは何を差別化しているのか-ターゲットユーザーと可能性

率直に言って、Connect Bridgeはエンドユーザー向けのツールではなく、データ、アプリケーション、システム間の大規模で複雑な - 制限のない統合をサポートするプラットフォームです。Connect Bridgeはビジネス環境のエンドユーザー向けではなく、社内の開発チーム、ソフトウェアベンダー、統合の専門家向けのツールであり、コーディングの必要性を完全に排除するものではありません。

Connect Bridgeを使えば、データを使って、あなたが望むこと(あるいは意味のあること)を何でも自由に行うことができます。お客様の(またはお客様の)システムのために通信メカニズムを構築したり、コーディングしたりする必要がないため、可能性の世界に制限はありません。Connect Bridge でござる ミドルウェアプラットフォームは、アプリケーションとビジネスシステムを接続し、様々なインフラストラクチャコンポーネント間のシンプルで信頼性の高い通信を可能にします。

Connect Bridgeがあなたのために何をするか

データベース、ビジネスシステム、リポジトリ、データストレージシステムは、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)を介して世界と通信します。このAPIのセットは、ターゲットシステムが理解できる用語(またはコマンド)の用語集として見ることができます。しかし、ほとんどのシステムは異なる言語を話すので、効率的に通信するためには、アプリケーションとあなたは、すべての API とその特性をマスターする必要があります。そして、それは簡単な作業ではありません。

このようにConnect Bridgeでは、肩の荷を軽くして、豊富な情報にアクセスできるようにするための課題に対応しているのですね。

1. ターゲットシステムへの接続
ターゲットシステムへの接続は、ODBCまたはJDBCドライバやWebサービスを介して確立されます。
2.対象システムの可視化
Connect Bridgeは、ターゲットシステムのエンティティを仮想テーブルとして可視化するためのSQL文とストアドプロシージャのセットを提供します。
3.SQLクエリの実行
ユーザー/アプリケーションは、SQLクエリやストアドプロシージャを実行することで、ターゲットシステムと対話することができます。
4.SQLをAPIコールに変換する
提出されたSQLクエリは、ターゲットシステム上で関連する関数を呼び出すためのAPIコールまたはコードに変換されます。
5.結果検索
ターゲットシステムは、必要な値、結果コード、またはエラーを返します。プラットフォームは結果をユーザ/アプリケーションに提示します。

また、セキュリティに関しては、Connect BridgeはRSA公開鍵暗号化、デジタル証明書、OAuthなどの複数のセキュリティメカニズムをカバーしており、他の追随を許しません。より低いレベルでは、データのセキュリティと完全性は、直接ではなく、安全なAPIを介してターゲットシステムと通信することで保証されます。

結論

私たちは、誰もが、あるいは他の誰もが既に行っていることを行っても意味がないと信じています。そのため、Connect Bridgeは様々なiPaaSソリューションと競合するように設計されているのではなく、それらを補完したり、対象となるシステムやデータ処理技術を自由に選択できる究極の自由度を提供することで統合作業を拡張できるように設計されています。

詳細については、以下のビデオをご覧ください。 ブログ.

ビデオ:ExchangeからSharePointへの統合例

ビデオ五方活路連絡先の同期

Connect Bridgeをご利用いただく理由

短い動画を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です