マイクロソフト、Connecting Softwareのサクセスストーリーを披露

アナスタシア・マズール 会社情報 コメントを残す

の時代には はやい けいざいてき 発展 と変化, 信頼できるパートナーは最も重要なものの一つである のために その ビジネスのことです。

マイクロソフトのパートナーとして、長年にわたる実りある協力関係を継続していることを非常に誇りに思います。 マイクロソフトパートナー専用ページ をもって 私たちのサクセスストーリー。

私たちの CB Dynamics 365 to SharePoint Permissions Replicator これがサクセスストーリーの重要な焦点であり、Connecting Softwareの継続的な仕事がクライアントにより多くの価値をもたらすことを実証するために拡大します。

このようなグローバルな展開は、マイクロソフトの先進的な製品とサービスなしでは実現できませんでした。Connecting Softwareのすべてのソリューションは、Microsoft Azureを介して簡単に展開し、拡張することができます。"と言う。 トーマス・ベルンドルファー(Thomas Berndorfer)Connecting Software最高経営責任者.

その重要な部分として、マイクロソフトのビジネスアプリケーションのエキスパートとなっています。 Office 365, Dynamics 365, SharePoint, Exchange などの機能を統合することで、より多くの機能をクライアントに提供することが可能になります。当社の製品は、Microsoft Azure クラウドサービスを活用しており マイクロソフトアプソース そして Microsoft Azureマーケットプレイス.

当社の主力製品の一つであるCB Dynamics to SharePoint Permissions Replicatorは、2014年にマイクロソフトの技術専門家の提案を受けて誕生しました。これにより、SharePointとDynamics 365では、アクセス権の追加管理を必要とせずに、自動的に同レベルの文書の機密性を維持することができます。これは Connect Bridge統合プラットフォーム - この問題をよく知っていたマイクロソフトの専門家は、Dynamics CRM の権限と SharePoint の権限の間で同期が取れなくなった場合の解決策を設計しました。Connect Bridgeプラットフォームをベースにしたパーミッションリプリケータは、あっという間に構築され、Microsoft環境でこの問題を解決する世界で唯一のソフトウェアとなりました。

で全文を読む マイクロソフトパートナーページ またはダウンロード ここに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です