ゲッツナー Connecting Softwareサクセスストーリー Dynamics CRMからSharePointパーミッションリプリケータへ

ゲッツナーがCB Dynamics CRMからSharePointパーミッションリプリケータを使用して文書アクセス権を確保する方法

ラドー・グロヴナ サクセスストーリー コメントを残す

PDF版

ゲッツナーについて

1969年にオーストリアのビュルスで創業。 ミュンヘン工科大学の製品ラインアップ は、鉄道、建設、産業用の防振・防振の分野におけるリーディングイノベーターです。.現在ではヨーロッパ、北米、中東、アジアに多数の拠点を持ち、グローバルに活躍するゲッツナーグループは、振動や騒音を最小限に抑える製品を提供しています。 自社開発のポリウレタン材料をベースにしたソリューション.それらは貯蔵された部品の耐用年数を延ばし、私道、車、構造物および機械の維持および修理の費用を減らします。

Getzner Zentrale; Schwingungsdämmung; Connecting Softwareサクセスストーリー; Dynamics CRMからSharePointパーミッションリプリケータへ。

問題点:自社開発のソリューションで運用コストが高い

言うまでもなく、社内のプロセスは、できるだけスムーズに、安全に、そして衝撃に強い形で実行されることになっています。同様に、2017年1月からは-Dynamics 365からSharePoint 2013への文書アクセス権のシームレスで衝撃のない安全な転送が現実のものとなっています。

ソリューションです。予算に合わせたDynamics CRMによる継続的な権限移行 - SharePoint Permissions Replicator

この目的のために、ゲッツナーは最初に 独自のSharePointベースのソリューションしかし、その操作は 管理費連動.保存されている文書の量が増えるにつれ、これがますます面倒になってきたため、ゲッツナー氏は最終的に CB Dynamics CRM - SharePoint パーミッションリプリケータ Connecting Softwareから。

この件についての詳細はこちらから Mag.マイケル・リューメル ゲッツナーの情報技術部門から。 "今年の初めにDynamics CRM 2011からCRM 2016に移行したので、これを機に自社のソリューションの代替案を探しました。最終的に、ビジネスパートナーからConnecting Softwareのヒントを得ました。"

どんなハードルを乗り越えなければならなかったのか? "CRM用とSharePoint用の両方のサーバーを増設しています。2017年1月からCB Replicatorを使用していますが、今のところ問題はなく、ソリューションは安定しており、エラーもありません。やや複雑な認証構造を実装する必要があったため、導入当初は、特にCRM側でどのように進めていくのか(グループ権限、ビジネスユニット、セキュリティロール)がすぐにはわかりませんでした。しかし、Connecting Softwareから貴重なサポートを受けることができました。

ゲッツナー Connecting Softwareサクセスストーリー Dynamics CRMからSharePointパーミッションリプリケータへ

Rümmele氏は、CB Dynamics CRM - SharePoint Permissions Replicatorの最大の利点として、次のような点を挙げています。 はるかに少ない管理作業は、インターフェイスCRMに入れている - SharePoint.同社にとって、これはコスト削減を意味します。Rümmeleは続けます。 "CB Replicator "はとにかくおすすめです。 本ソフトウェアのターゲット層は、ドキュメントストレージとしてDynamics CRMをSharePointと組み合わせて使用している方で、パーミッション構造が必要な方です。 マイクロソフトはこのアプリケーションだけのソリューションを提供しているわけではないので、CB Dynamics CRM - SharePoint Permissions Replicatorは、安定した信頼性の高いソリューションとして提供されています。Connecting Softwareに関しては、対応していただいた担当者の方は皆、非常に有能でソリューション志向の方ばかりだったと言えます。"

Connecting Softwareについて

Connecting Software はウィーンに本社を置く企業で、ポルトガルとスロバキアに開発拠点を持ち、米国にも子会社を持っています。2009年以来、同社は、以下のような製品を開発し、完成させてきました。 Connect Bridge 主にソフトウェア開発者、インテグレータ、ISV、およびそれをベースにした個々の製品に焦点を当てた統合プラットフォーム。 

CB Dynamics CRM - SharePoint Permissions Replicatorを使用することで、Dynamics CRMからSharePoint上の文書にアクセス権限を簡単に、正確に、継続的に転送することができます。このソリューションがお客様の企業にもたらすメリットについて、詳しくはこちらをご覧ください。

PDF版

CBパーミッション・レプリケータを使用する理由

短い動画を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です