SugarCRM の Exchange とのコンタクト統合

マリオ・ファム コネクタ, 技術的なこと コメント

今日のブログでは、簡単なSQL文を使って2つの異なるターゲットシステムと通信する方法を紹介したいと思います。この目的のために、私はConnect BridgeとそのSugarCRMとExchangeコネクタを使用します。統合は、ライブと双方向です。すべてのエンティティがサポートされています。以下は、2つのシステム間の統合シナリオの1つに過ぎません。

なぜConnect Bridgeを使うのか?

通常、2つの異なるターゲットシステム(私たちの場合は MS Exchange サーバと SugarCRM)と通信するためには、開発者はそれぞれのターゲットシステムの API を知る必要があります。これは、それらがどのように動作するかを理解し、ソースコードを書く方法を理解するために、APIのいくつかの研究が必要です。

Connect BridgeとそのSugarCRMとExchangeのコネクタを使用することで、ソリューションを理解し、うまく実装できるようになるまでに必要な時間が大幅に短縮されます。主な違いは、Connect Bridgeを使用することで、開発者は簡単なSQL文を使用して各ターゲットシステムとの通信を行うことができるようになります。これは、ターゲットシステムの開発に使用されるスキーマやアーキテクチャが異なるため、ターゲットシステム自体のAPIを使用する場合には不可能です。Connect Bridgeでは、利用可能なコネクタを利用することで、複数のターゲットシステムと同時に接続することも可能です。Connect Bridgeの詳細はこちら ホームページを見る.

何が必要なの?

1.まず、Exchange と SugarCRM に接続するための資格情報が必要です。Connect Bridgeを使用する予定なので、ExchangeとSugarCRMのコネクタを持つConnect Bridgeサーバーが必要です。

2.デモでは、SugarCRM と Exchange のアカウントが Connect Bridge サーバに既に作成されていると仮定してみましょう。Connect Bridgeは、ターゲットシステムと通信するときにどのクレデンシャルを使用するかを知っているので、各ターゲットシステムのユーザークレデンシャルは、各アカウントのセットアップ中に使用されます(Exchangeとの通信にはExchangeのクレデンシャル、SugarCRMとの通信にはSugarCRMのクレデンシャル)。

4.4. exchangeコネクタには名前'Exchange'のアカウントを使用し、SugarCRMには名前'localSugarCRM'のアカウントを使用します。

5.私はまた、Connect Bridgeクエリアナライザツールを使用して、SQL文とConnect Bridgeサーバが返す出力を実演します。

解決策

SugarCRMでリードを作成する

SugarCRMで新しいリードを作成するには、クエリアナライザでlocalSugarCRMコネクタアカウントを選択します。

を実行して、次の SQL 文を実行します。

リード(first_name,last_name, description)への挿入

の値('Janko','Hrasko','example lead')を使用します。

scope_identity()を選択します。

 

select scope_identity() は、後で select 文を実行するために使用される、新しく作成された Lead の ID を返します。

SugarCRM GUIの以下のスクリーンショットからもわかるように、リードの作成に成功しました。

SugarCRM リードを Exchange コンタクトに同期させる

今すぐ Query analyzer を使用して、SugarCRM からデータを取得するために選択文を実行します。コネクタのコンボボックスで、SugarCRMシステムに向かってステートメントを実行するためにlocalSugarCRMコネクタアカウントを選択します。

以下のSQL文を実行します。

select id, first_name, last_name, description

from Leads where id = '1183a8cb-4bff-584c-9a89-56b426a8f170'。

クエリアナライザの出力からは、通信が双方向で行われ、返されたデータは挿入文で使用されたものと同じデータであることがわかります。

Exchangeにコンタクトを作成するには、クエリ・アナライザーで、コンボボックスでExchangeコネクタ・アカウントを選択して、SQL文を実行するターゲット・システムを変更します。

SQL文では、SugarCRMコネクタで前回のselect文で返されたデータを使用します。

ターゲット・システムごとにスキーマが異なるため、挿入文を少し修正しなければなりません。カラムの名前をターゲットシステムで使用される正しい名前に変更する必要があります。最終的なSQL文は次のようになります。

insert into Contact(与えられた名前、苗字、件名)

の値('Janko','Hrasko','example lead')を使用します。

scope_identity()を選択します。

MS Exchange OWAの以下のスクリーンショットからもわかるように、コンタクトが作成されています。

概要

この短いデモでは、最小の労力でデータにアクセスできる速さを見ることができます。開発者は任意の種類のコーディング言語を使用し、ODBC、JDBC、またはWebサービスを使用してConnect Bridgeサーバと通信することができます。複数のターゲットシステム間でSQL文をシンプルに使用することで、ターゲットシステムの直接APIを使用するよりも開発プロセスを効率的かつ高速にすることができます。熟練した開発者は、異なるターゲットシステム用の様々な同期スクリプトを作成し、強力なクロスターゲットシステム同期ツールを開発することができます。Connect Bridgeの威力を試すには 30日間の無料トライアルを申し込む 今日は

コメント 2

  1. ハイ

    弊社はSugarCRM Elitaパートナーであり、SugarとSharepoint間の統合を必要としているお客様がいます。主にドキュメントを対象とし、Sugar内からドキュメントのコンテンツを検索できるようにしたいと考えています。

    これは、あなたのソフトにもできることなのでしょうか?

  2. はい、当社の Connect Bridge 統合プラットフォームと SugarCRM および SharePoint コネクタを使用して統合を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です