他のアプリをDynamics 365に接続する方法

他のアプリをDynamics 365に接続する方法

Ana NetoTechnical Leave a Comment

Dynamics 365を他のアプリに接続していないなら、フェラーリを1速で運転しているようなものだ。真剣に考えてみてください。せっかく強力なアプリ・スイートを手に入れたのに、他のデータ・ソースとの統合によってその機能を拡張しなければ、できることの表面をなぞるだけになってしまいます。もっと高いギアにシフトして、"他のアプリをDynamics 365に接続する方法 "の謎を解き明かそう。

Dynamics 365の可能性を解き放つ:統合が重要な理由

システムは、その中に入れるデータと同じくらい良いものです。その核となるのは、Dynamics 365をITインフラストラクチャーの広範なエコシステム内に統合することです。相互接続されたアプリケーションや他のデータソースがなければ、Dynamics 365は孤立し、その潜在能力が十分に活用されないまま終わってしまう可能性があります。

シンプルなデータ交換は、ゲームチェンジャーとなりうる。サイロが解体され、リアルタイムのデータ利用が例外ではなく標準となるような、まとまりのある自動化された環境が実現する。Dynamicsの統合は、エンドユーザーにとってより便利な場所で、適切なデータへのアクセスを可能にする。これは常識のように聞こえるかもしれないが、実は先を行くための鍵なのだ。

Dynamics 365統合マスターへの道

どうすればこのマジックが実現するのだろう?さて、あなたには2つの道がある。

  • コーダー向け:もしあなたがコードの魔術師なら、APIはあなたの遊び場です。Web API、OData、SOAPエンドポイントを活用することで、Dynamics 365を膨大な数のシステムやアプリケーションに接続する複雑な統合を構築できます。APIコールを使用して、リアルタイムのデータ同期を可能にし、プラットフォーム間でシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供することができます。
  • 非コーダーの方へ:もしあなたがコーダーでなかったり、新しいAPIをマスターする時間がなかったりしたら?大丈夫。ミドルウェア統合プラットフォームがあなたの味方だ。これらのプラットフォームは、ブリッジの役割を果たし、統合プロセスを合理化し、APIに直接関与することにあまり興味がない人々のために、事前に構築されたコネクタと視覚的に直感的なマッピング・インターフェースを提供する。

ミドルウェア・ソリューションとしてのConnect Bridgeに注目

より明確な例として、Connect Bridgeがどのようにミドルウェアとして機能するかを見てみましょう。Connect Bridgeは統合イネーブラーとして機能し、SQLステートメントという使い慣れたレンズを通してDynamics 365と対話することができます。この抽象化により、複雑な統合の課題が単純化されます。これは、Connect Bridgeをミドルウェアとして使用するすべての統合が同じであることを意味するものではありません。

これは、またしても2つの道が用意されているからだ:

  • 統合のコード化 お好みのプログラミング言語で
    お好きなプログラミング言語で統合をコーディングできます(ただし、Dynamics 365 APIではなくSQLを使用します)。
  • リンクされたサーバーのセットアップ 最小限のコーディング
    Linkedサーバー上でDynamics接続を実現する詳細な手順は以下のビデオにあります。
CB Linked Serverデモ - Dynamicsに接続するためのMicrosoft SQL Server Linked Serverの設定

ハンズオンリンクされたサーバーでDynamics 365に接続する

ビデオでは、SSMSでLinked Serverが作成され、Connect Bridgeにリンクされ、あたかもDynamics 365データベースにアクセスしているかのようにデータにアクセスできることがわかります。 

Image

また、データに対してCRUD操作を実行するためのT-SQLクエリは、次のようなシンプルなものであることも確認した。

DELETE c
D365CEより...お問い合わせ先
INNER JOIN Contact_DEL d
ON CONVERT(varchar(255), c.ContactID) = d.OnlineID;

Dynamics 365で連絡先を削除するクエリの例です。Connect Bridgeミドルウェアが複雑さを隠し、T-SQLだけで作業できるため、シンプルです。T-SQLクエリは、裏でMicrosoft Dynamics 365 APIコールに変換されていることに注意してください - Dynamicsデータベースの整合性は安全です!

見返してみると、例のクエリは、Linked Server上のJOINを持つDELETEの典型的なパターンに従っているが、分析してみよう:

  • DELETE c:c "としてエイリアスされたテーブルから行を削除することを指定する。
  • FROM D365CE...Contact c:削除元テーブルを定義する。"D365CE "はおそらくリンク・サーバー名で、"Contact "はそのサーバーのテーブル名です。
  • INNER JOIN Contact_DEL d ON CONVERT(varchar(255), c.contactid) = d.OnlineID: これは、変換された値(データ型の不一致の可能性)に基づいて、ローカル・テーブル "Contact_DEL "とLinked Serverテーブルを結合します。

ビデオにあるように、Dynamics 365にコンタクトを挿入するクエリーも複雑ではない。使用されている例は

INSERT INTO D365CE...Contact(LastName, FirstName, EmailAddress1)
SELECT 姓、名、Eメール
FROMコンタクト
WHERE OnlineID IS NULL OR OnlineID ='';

このスニペットでは、それがいかに簡単であるかがわかります。SELECTクエリの結果として得られるものを挿入しています。この場合、注目すべき唯一の点は、プロシージャが反復的であることです。WHERE句は、以前に他の反復処理で扱われなかったローカルなコンタクトだけを取り出すことを保証するために使用されます。

これらのクエリでどのフィールドを使用するか、どうやって知るのか不思議に思っていませんか?その答えはConnect Bridge Management Studioにあります。このツールはSSMSとよく似ているが、それは偶然ではない!

これを使うと、Dynamics 365のデータモデルのようなものを調べることができます。実際には、Connect Bridgeで公開されているモデルが表示されますが、これらはクエリで使用できるフィールドです。必要であれば、そのインターフェイスの中でクエリをテストすることもできます。

Image

ローカルの "Contact "テーブルとLinked Server上のDynamics 365 Contactテーブル間のデータの効果的な同期を実現する方法についての最後のメモです。これは、INSERTが必要なのか、UPDATEが必要なのかわからないため、より困難です。これはMERGE T-SQLクエリでエレガントに解決できます。

MERGE コンタクトをターゲットに
USING (SELECT ContactiID FirstName, LastName, EmailAddress1)
D365CEより...お問い合わせ
WHERE statuscode = 1 AND Modified = 0
ON (target.OnlineID = CONVERT(varchar(255), source.ContactID))
マッチした場合
UPDATE SET FirstName = source.FirstName, LastName = source.LastName、
Email = source.EmailAddress1, Synced = 1
マッチしない場合は
INSERT (FirstName, LastName, Email, OnlineID, Synced, LastSynced、
最終更新日)
VALUES (source.FirstName, source.LastName, source.EmailAddress1、
source.ContactID, 1, GETDATE(), GETDATE())
OUTPUT inserted.FirstName、inserted.LastName、inserted.Email、inserted.OnlineID、inserted.Synced、inserted.LastSynced、inserted.LastUpdated

Connect BridgeがDynamics 365とのデータ交換をどのように簡素化するかがお分かりいただけたと思いますので、2つの実装オプション(コード化された統合またはLinked Serverセットアップ)をより詳細に検討することをご検討ください。できます:

  • 無料個別相談を申し込む デモ または
  • 無料 審理 あなたの環境で試してみてください。

私は実際、両方を行うことをお勧めする。まずは相談から始めて、あなたの統合のアイデアや環境に合うかどうか試してみてください。

お客様の環境についてDynamics 365の統合ターゲットを検討する際には、業務効率、データインテリジェンス、顧客エンゲージメントを向上させるプラットフォームを優先すること。最良の選択は、データ交換がエコシステムを考慮した上で理にかなっているものである:SQLデータベース、SharePoint、Exchange / Office 365、Power BI、Gmail。 

統合する。変革する。繁栄する。

Dynamics 365を他の既存アプリと統合することは、単にテクノロジーを活用することではなく、ビジネスのオペレーションに変革をもたらすことです。Dynamics 365と他の既存アプリの統合は、単にテクノロジーを活用するだけでなく、ビジネスオペレーションを変革するパイオニアとなるのです。

超長期のプロジェクトも、API仕様の複雑な知識も必要ありません。Connect Bridgeは、技術者がAPIに直接触れることなく、堅牢な統合を構築することを可能にします。Connect BridgeがあなたのDynamics 365をどのように変えられるか、無料でご覧ください 協議専門家による個別デモもあります。


著者について

Image

記入例 アナ・ネト技術顧問、Connecting Softwareで。

"私は1997年からソフトウェア・エンジニアであり、最近は書くことと人前で話すことが好きです。この記事について質問やコメントはありますか?ご意見・ご感想をお待ちしております!"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

For security, use of Google's reCAPTCHA service is required which is subject to the Google Privacy Policy and Terms of Use.