クリスチャン・バッハナー氏のチームプレイについてのインタビュー

ピーター・ハヌスティアク パートナーニュース コメントを残す

Teamplayはアクティビティ管理とタイムロギングを組み合わせたもので、この組み合わせによりプロセスが合理化され、モニタリングが容易になります。Teamplayを使用すると、リアルタイムで変更を追跡しながら、プロジェクトや注文を管理することができます。

Connecting Software (CS)ですインタビューのキックオフとして、クリスチャンさん、あなた自身のことや会社での役割について教えてください。

クリスチャン・バッハナー(CB)。 リンツで経済学を学び、2013年にシュタイヤーのAURIS IT Consult Ltd.で働き始めました。在学中はEビジネスを専門としていました。現在は、マーケティングと製品管理部門で働いています。私たちはパートナー企業とソフトウェアを販売しているので、新しいパートナーの募集と継続的な指導も私の責任の一つです。

CSのことです。御社を自分の言葉で表現できますか?

CBです。 名刺入れのソフトを開発しています。当社は2003年にIng.Wolfgang Bräu氏によって設立されました。彼は小売店向けのレジからスタートしました。しばらくして会社が成長し始め、彼は請求書を統合したプロジェクト管理と時間記録ソフトウェアの開発に着手しました。ジョブの自動化、ライセンスと更新のためのいくつかのツールもあります。当社の製品は.Netで開発され、Microsoft Silverlightを使用しています。また、マイクロソフトのゴールドパートナーでもあります。

CSです。Connecting Softwareとはどのようにして出会ったのですか?

CBです。 私たちはプロジェクト管理ソフトウェアのための新機能を開発しました。プロジェクトの期限を計算し、より良い社内計画を立てるために、MS Exchangeにアポイントメントをエクスポートできるパートナーが必要でした。Connecting Softwareとの最初のコンタクトは、リンツ近郊のロードショーでした。

CSです。現在取り組んでいることは何ですか?

CBです。 実は、プロジェクト管理ソフト「TeamPlay」の新機能を開発しています。電話アプリをソフトに統合したいと考えています。もう一方では、レジシステムの使用に関する新しい法律を待っています。当社のレジはすでに準備されていますが、いくつかの変更をしなければなりません。

このビデオでは、TeamPlayの完全な操作性と機能性を実演しています。このビデオはドイツ語ですが、見る価値はあります。

CSのことです。Connecting Softwareが貴社にとって魅力的だった、または魅力的だった理由を教えてください。

CBです。 "ロードショーは非常に興味深いものでした。いくつかのミーティングの後、Connecting Softwareは強力なパートナーであることがわかりました。Connecting Softwareは、MS ExchangeとTeamPlayを接続する可能性を与えてくれます。さらに、協力関係は公正な契約で公正です。疑問があれば、あらゆる問題に対してサポートを受けることができます。"

CS.Connecting Softwareとの連携について、今後どのように考えていますか?

CBです。 今後は、弊社のソフトウェア「TeamPlay」での連携を維持していきたいと考えています。また、Microsoft Azure Cloudでの接続もできればと考えています。そうすれば、クラウドソフトの機能範囲が広がります。MS Exchangeからの予定を、弊社のクラウドソフトTeamPlayに同期させたいと考えています。

CS.Connecting Softwareとの協業が御社にもたらした最も重要なものは何でしょうか?

CBです。MS Exchangeと弊社のプロジェクト管理ソフト(TeamPlay)との連携は非常に重要でした。この機能は、当社のソフトウェアの中でも重要な機能の一つです。競合他社を見ても、予定の同期、活動/プロジェクトへのEメール添付、Eメールでの活動へのコメントなどができる会社は見当たらないのですが...。

さらに、Connecting Softwareは、異なるソフトウェアソリューション間のブリッジを構築しようとします。それは時間とお金を節約し、ソフトウェアをより柔軟にします。実際には、我々は交換コネクタだけを持っていますが、他にも多くのクールな機能があります...

Teamplayの詳細についてはこちらをご覧ください。 www.teamplay.pro

クールな機能」についてもっと知りたい方は、当社のウェブページをご覧ください。 www.connecting-software.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です