JAVA開発者。JavaコードでMicrosoft Dynamicsと話す

アナ・ネト 会社情報, コネクタ, 技術的なこと コメントを残す

JavaコードからMicrosoft Dynamicsへの接続を考えたことはありますか?マイクロソフトのものには手を出さない方がいいのはわかっていますが、手を汚さずにMicrosoft Dynamicsから(あるいはMicrosoft Dynamicsから)データを取得できるとしたらどうでしょうか?

私の選択肢は?

どのようなソフトウェアとも連携するには、そのAPIを利用するのが一般的です。Microsoft Dynamics APIを利用する場合、2つの選択肢があります。どちらもREST APIなので、必要に応じて「Microsoft Customer Engagement REST API」を探してみてください。マイクロソフトでは、Dynamicsに関することなら何でも「Customer Engagement」という言葉を使うようになっています。

オプションの話に戻りますが、Microsoft Dynamics APIをお探しの場合は、以下のようなものがあります。

- ウェブエーピーアイ

- オンライン管理API

ほとんどの場合、Web APIが自然に選択されることになるでしょう。OData(Open Data Protocol)を実装しており、Dynamics 365(オンライン、オンプレミスとも)、Dynamics CRM 2016、Dynamics CRM Onlineに対応しています。使用しているODataのバージョンは4.0となっており、ODataを利用することは大きなプラスになります。

ODataを聞いたことがない方は、まずは 此処 そしてさらに深く 此処.そして、あなたがODataの利点についてよくわからない場合は、私はそれが であると言うだけです。国際規格認定.このAPIを使用するには、OData V4をサポートするJavaライブラリとしてSDL OData FrameworksまたはApache Olingoを使用することになるでしょう。

2 番目のオプションであるオンライン管理 API は、特にインスタンス関連のタスクのためのものです。Office 365テナントのオンラインインスタンスに対して、インスタンスの作成、取得、削除、バックアップ、復元などの様々なタスクを実行することができます。これは特定の用途に特化したAPIであり、一般的な統合シナリオで使用するものではありません。

Web APIおよび/またはオンライン管理APIとの古典的なAPI統合の代替案は、ノーコード/ローコードのソリューションを試すことでしょう。それは、以下のようなことが可能になります。 パワーアプリ を作成し、Microsoft Dynamics に接続するアプリケーションを作成します。しかし、このアプローチは開発者にとってはあまり意味がありません... 結局のところ、あなたはコードを書くことができます。

PowerAppsを使うと、定義されたテンプレートに固執してしまうという大きな欠点があります。また、オフライン時には全く役に立たないアプリケーションになってしまいますし、セキュリティのようなトリッキーな部分を扱うこともできません。これらの制限は、あなたがコーディングできない場合にのみ我慢できるものだと思います。

危険地帯 - Microsoft Dynamicsとの統合は、私に不利に働く可能性がありますか?

例えば、古典的なAPIの統合を行うとしましょう。まず最初に注意しなければならないのは、多くの勉強が必要になるということです。基本的な API のドキュメントは https://docs.microsoft.com/en-us/dynamics365/customer-engagement/web-api/about?view=dynamics-ce-odata-9.
以前のバージョン(9.x以前)のDynamicsを使用する必要がある場合は、次のことを学習する必要があります。 https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/dynamicscrm-2016/developers-guide/mt607689(v=crm.8).

要するに、頭に入れておかなければならないドキュメントが多いということです。始めるのは超難しいことではありませんが、実際のアプリケーションに取り組んでいるのであればなおさらです。もしこれがあなたが選んだ道ならば、そのための時間があることを確認してください。

しかし、本当に危険なのはアップデートです。Dynamicsの製品ライフサイクルの動きは速いですよね!あなたが過去10年を見れば、これはあなたが得るものです(詳細については見てください(詳細については見てください(詳細については見てください https://docs.microsoft.com/en-gb/previous-versions/dynamics/ 古いバージョンの場合や https://community.dynamics.com/p/products 現在のものについては)。

ダイナミクスアックス

- Dynamics 365 for Finance and Operations

- Microsoft Dynamics AX 2012

ダイナミクスCRM

- 販売用Dynamics 365

- カスタマーサービス用Dynamics 365

- フィールドサービス用Dynamics 365

- ダイナミクスCRM 2016

- ダイナミクスCRM 2015

- Dynamics CRM 2013

- Dynamics CRM 2011

ダイナミクスナビ

- Dynamics 365 ビジネスセントラル

- ダイナミクスNAV 2016

- ダイナミクスナビ2015

- Dynamics NAV 2013 R2

- Dynamics NAV 2013

- Dynamics NAV 2009 R2

- Dynamics NAV 2009

統一サービスデスク

Microsoft Dynamics ERPの管理レポーター

Microsoft Dynamics Business Analyzer

マイクロソフトダイナミクスマーケティング

要するに、過去にDynamics APIといえば、Microsoft Dynamics CRM API(2016, 2015, 2013, 2011, 4.0)、Microsoft Dynamics GP API、Microsoft Dynamics AX API(2012/2009)、...

今後10年後のことは想像するしかありません!... 今日、DynamicsとJavaの統合を構築したとします。今後10年間、その統合を最新の状態に保つためには、何時間の工数が必要でしょうか?新しいバージョンがリリースされるたびに、APIの変更点を検討し、必要な変更を行うためにコードに戻る必要があります。

この往復の作業は時間がかかり、エラーが発生しやすい。そして、正直に言うと...つまらないのです。統合を成功させることにワクワクすることは何もありませんし、将来的に統合を成功させ続けることは、それ以上にワクワクすることではありません。

安全地帯 - Microsoft Dynamicsとの統合は、私のために働くことができますか?

Microsoft DynamicsをJavaで統合する良い方法はありますか?解決策は、あなた(とあなたのJavaコード)とAPIの間に統合ツールを用意することです。お勧めのツールは以下の通りです。 Connect Bridge.

これは有料のツールですが フリートライアル 利用可能なので、それがあなたのために動作するかどうかを確認することができます。このツールの美しさは、それが前方と後方の互換性を保証することです。あなたのJavaコードを統合してビルドすれば、ユーザーはアップグレードすることができます(その場合はダウングレードすることもできます)。MicrosoftはAPIの新バージョンを発表したり、Dynamicsソリューションを再編成したり、好きなことをすることができます。

これってどうやって使うの? Connect Bridge は基本的に SQL 文を API 呼び出しに変換します。JDBC(ODBCやWebサービスもサポートされています)を使用してリレーショナルデータベースにアクセスしているかのように、Javaコードを書いています。SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE文を使用しています。ストアドプロシージャを使用しています。しかし、それはすべて抽象化されたレイヤーにすぎません。

Dynamicsのデータベースにアクセスしているわけではありません(それはそれでいいのですが!)。しかし、あたかもアクセスしているかのように見えます。Connect Bridgeにはクエリツールが付属していて、(偽の)クエリをテストしたり、(偽の)テーブルとその(偽の)カラムを見たり、便利な(偽の)ストアドプロシージャを見つけたりすることができます。私が言ったように、これはまるで SQL データベースを見ているかのように見えますが、それは単なる抽象化に過ぎません。テストが終わったら、データベースに接続するためにJDBCを使用しているかのようにコードにすべてを記述してください。メンテナンスを必要としない実用的なソリューションが完成しました。メンテナンスの労力はすべてConnect Bridgeの側にあります。それが有料ツールである理由であり、それがすべてのペニーの価値がある理由です!

ここで注意しなければならないのは、Dynamicsからデータを読み出すときだけでなく、データを入れるときにも機能するということです。データを入れる場合は、INSERT文やUPDATE文、またはストアドプロシージャを使用します。また、Dynamicsのデータベースを触っているような感覚になるので、最初は怖く感じるかもしれませんが、常にAPIを経由していることを覚えておけば、安全な場所で作業を行うことができます。

結論

JavaでMicrosoft Dynamicsのデータにアクセスする方法を見てきました。 Connect Bridge統合プラットフォーム.良いニュースは、これがMicrosoft ExchangeとMicrosoft SharePointでも可能であるということです!実際、Microsoftエコシステムのあらゆるソフトウェア、Salesforce、その他多くのソフトウェアに接続することができます。

- SharePoint 2010年、2013年、2016年、2019年、オンライン

- Office 365

- Exchangeサーバー2003、2007、2010 SP1、2013、2016、2019、Exchangeオンライン

- アクティブディレクトリ

- 冰

- エクセル、ワード、パワーポイント

- チーム、プランナー

あなたは、ベースとなる統合プラットフォームであるConnect Bridgeを持っているだけで、あなたが望む特定のソフトウェアのためのコネクタを選択する必要があります。

Connect Bridgeで現在販売されているコネクタをお探しの方は、以下のサイトをご覧ください。 https://www.connecting-software.com/connect-bridge-connectors/.

この豊富なコレクションの中で最新のコネクタを知りたい場合は、Connect Bridgesをチェックしてください。 Dynamics 365 BC そして Dynamics 365 FO コネクタを使用しています。

Connect Bridgeに追加された興味深いオプションとして、文書のスマートシール機能があります。ブロックチェーン技術を使用してDynamicsで文書を封印するアドオンがあります。これは最高のセキュリティレベルを提供し、文書が改ざんされていないことを保証しますが、分散型台帳を巧妙な方法で使用しているという事実は、それをはるかに費用対効果の高いものにしています。また、SharePointなど別の場所に保存されている文書にも対応しています。

この記事がお役に立てれば幸いですここでは、他の統合の可能性について議論しているブログの記事をいくつか紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です