ペドロ・カラド氏は、マデイラのために生活し、働くためにやってくる「多くの外国人」を強調しています。

ニュースリリース

PDFダウンロード
元の記事

市民による予算」イニシアチブの一環として、ペドロ・カラド地方政府副大統領は、カマラ・デ・ロボスのParque Empresarial da Zona Oesteにある企業、Connecting Softwareを訪問しました。ペドロ・カラド副大統領は、この会社がマデイラ島で活況を呈している会社であり、20人の従業員を抱え、新技術の分野で活躍していることを称賛し、従業員の半分はマデイラ出身で、マデイラ大学で訓練を受けているが、残りの50%は外国人であることを強調しました。

"ほとんどの人が話題にしないことですが、実はマデイラには多くの外国人が住んでいて、こうした技術やコンピュータ・プログラミングの分野で働くために、この地域を選んで来ているのです」。この会社は、小さいように見えますが、全世界のために働いている会社であり、ある意味、マデイラで起こっていることの大使でもあります。この会社は、マデイラで働いており、観光面でもマデイラを宣伝しています。