Connecting SoftwareのCEOが語る、シリコンバレーで活躍する起業家たちの挑戦

ピーター・ハヌスティアク 会社情報, 一般的な コメントを残す

"サメの水槽に飛び込む前に、きちんと宿題をしなさい "と、Medianetの記事の中でトーマス・ベルンドルファー氏はアドバイスしています。

Connecting SoftwareのCEOであるトーマス・ベルンドルファー氏が、IT業界のメッカであるシリコンバレーでの見識を披露することになりました。有名なビジネス紙Medianetに掲載されました。

Medianet は、オーストリア最大級のビジネスニュースサイトです。マーケティング、テクノロジー、金融、小売、自動車、経済、その他のビジネス分野のB2Bのトップトピックをカバーしています。

この記事では、カリフォルニアのIT起業家に太陽がまだ輝いているかどうかを探っています。それとも、シリコンバレーの技術的な約束の土地のイメージは、単に栄養価の高いビジネスの伝説に過ぎないのだろうか。

"ベルンドルファー氏は、「成功も失敗も含めて、基本的にすべてのことがそちらの方がはるかに速い」と述べています。"市場は全く異なります。ほとんどすべてがマーケティングとセールスを中心に展開されています」と述べています。しかし、シリコンバレーでの生活は確かに貴重な経験であることを強調しています。起業家にとって、シリコンバレーはマーケティング、コミュニケーション、顧客志向を発展させる機会なのです。

Connecting Softwareの成長は、ヨーロッパの中心部から来たIT企業でさえ、トップIT市場で成功することができることを証明しています。革新的なソフトウェア統合プラットフォームであるConnect Bridgeを使えば、どんな開発者でも数時間で統合のスペシャリストになることができます。大規模なトレーニングやリソースを必要とせずに。これにより、Connecting Software は、5 つの大陸のパートナーを獲得し、市場の最大手と競争することができるようになりました。

訪問 www.connecting-software.com ここでは、Connecting Softwareの製品やサービスのすべてについて知ることができます。または、無料のデモを依頼して、ご自身でお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です