ISVの課題その3: スケーラブルなソリューションを設計する

ズォルト・ベケ コネクタ, 製品とソリューション コメントを残す

"何が来ても、何を投げつけてもいいように 準備しておく必要がある"
(一人一人のクライアント)

世界で一番難しいのは、やり方を変えることです。それは、私たちが行ってきたことが常にうまくいっていたからではなく、ある種うまくいっていたように見えるからです。このようにして、私たちのお客様は、お客様のソリューションがあらゆる可能性のある追加に対応できるようにすることを要求しながら、インフラストラクチャを充実させ続けています。このような状況では、基本的には何でもありのものになる可能性のあるものに対して、どのように準備をしていけばよいのでしょうか?顧客の要求に合わせて成長するソリューションを設計するにはどうすればよいのでしょうか?

構造化されているかどうかにかかわらず、ほぼすべてのソースからのデータを統合することができる、将来に備えたスケーラブルなソリューションをほぼ瞬時にクライアントに提供する方法と、組織内の競合を排除しながら、オーケストレーションと協力を促進するのに役立つ新しいアプローチについてご紹介します。

API多様性

API は、統合ソリューションを成功させる鍵となっています。API は、ソフトウェアの一部が特定のエンドシステムと通信できるようにする一連のメソッドを表しています。この通信により、エンドシステムからデータをアプリケーションに取り込むことができ、アプリケーションとシステム間のタッチポイントとしてAPIが機能します。

しかし、多くの組織ではデータの増加を管理する計画がないため、事実上毎日のように新しいシステムをインフラストラクチャに導入してきました。そのため、APIが提供する単純化を活用する代わりに、事実上不可解な複雑さの層が追加されています。
上述したように、APIは実際にはアプリケーションがビジネスシステムと通信するための言語です。したがって、効果的なコミュニケーションを促進するためには、ターゲットシステムで使用されるすべてのAPIをマスターする必要があります。

限られた明確な数の組み合わせであれば、あなたやあなたのコーダーにとって大きな問題にはならないでしょう。しかし、可能な組み合わせの数が事実上無限にある場合は、全く別の話になります。

スケーラブルなソリューション

これに対応するためには、新たに追加されたシステムに対応するために、ソリューションを動的に拡張することができるように、事前に作られたテスト済みのプラグインモジュールを提供する必要があります。これらを「コネクタ」と呼んでいますが、これは、当社の統合プラットフォームが設計された様々なシステムに接続できるようにするためのものです。現在、SharePoint、Exchange、Office 365、Microsoft Dynamics CRM、Sugar、Microsoft Dynamics NAVなどの主要なエンタープライズシステム向けに30以上のコネクタを提供しており、お客様のプロジェクトのキックオフを支援しています。しかし、当社独自の技術と独自のアーキテクチャにより、お客様のニーズに合わせた新しいコネクタを、お客様の顧客に「申し訳ありませんが、お客様のデータを統合できるソリューションを提供することはできません」と言うよりも早く作成することができるのが特徴です。

Connect Bridgeを使用することで、コードの変更を最小限に抑え、アプリケーション・ロジックやアーキテクチャを全く変更することなく、顧客が投げかけてくるような将来の新しいデータ・ソースにも対応できるよう、柔軟にソリューションを拡張することができます。

既製コネクタのリストについては、以下をご覧ください。 Connect Bridgeの製品ページ.

ISVシリーズの他のブログを読むと、Connect Bridgeがどのように対処できるかを知ることができます。 日頃の苦労のような インフラの複雑さ そして タイムリーソリューションデリバリー.

Connect Bridgeをご利用いただく理由

短い動画を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です