ヘルスケア分野におけるデータの同期・統合の3つのメリット

インサイド・デジタル・ヘルス

PDFダウンロード
元の記事

今こそ、データの収集、保存、使用に対する時代遅れのアプローチを捨て、よりスマートなデータ管理を行うべきです。

デジタル化は、日常業務を最適化し、私たちの生活をより快適にするはずです。しかし、常にそうなのでしょうか?残念ながらそうではありません。さまざまなアカウント、データベース、アプリケーションを使用していると、圧倒されたり、ミスをしたりして、テクノロジーを逆効果にしてしまいがちです。

この問題は、リスクが高いヘルスケア分野では特に緊急性が高い。病院や診療所は、非常に複雑でダイナミックな環境です。病院や診療所は、非常に複雑でダイナミックな環境であり、円滑な運営を行うために、数多くの技術やソフトウェアのセットアップに依存しています。何千ものマイクロプロセスを通じて、個人が効率的かつ迅速に、そして最も重要なこととして、致命的な結果をもたらす可能性のあるエラーを起こさずにコラボレーションすることが求められます。

インフラへの投資してくれないになりました。すべてのシステムとソフトウェアツールが完全に調和し、統合され、同期されてこそ、より大きな効率性が得られるのです。このようにして、医療機関は十分な能力を身につけ、新しい時代のヘルスケアに向けて新しい技術を導入する準備をすることができるのです。

データを集めること。明確さ

曖昧さは医療現場に混乱をもたらします。大規模な組織の買収や、新しいソフトウェアの導入時に発生することがあります。小さな規模では、カレンダーの統合、情報の重複、連絡先データベースの混乱なども、ワークフローに大きな支障をきたす曖昧さを生み出します。

医療従事者が扱うのは 膨大なデータの塊.内部の管理プロセス以外にも、患者の病歴、保険文書、財務、薬、電子カルテ(EHR)などを管理しています。様々なアカウントやデータベースを統一的なアプローチなしに更新・管理することは悪夢のようなことです。また、レガシーコンピューターシステムを使用している場合、問題はさらに深刻です。バグや不具合、無効なルートなど、さまざまな問題が発生します。

適切な統合と同期化により、フラストレーションを解消することができます。すべてのデータを一箇所に集め、数回クリックするだけでコントロールできるようにすることで、秩序と適時性がもたらされます。また、ソフトウェアの最適化により レイヤーオブセキュリティこれは、医療データを取り扱う際の基本的な要素です。漏洩、ハッキング、ランサムウェアの発生、HIPAAなどの規制により、機密情報を保存・保護するための明確なソフトウェアソリューションを持つことは非常に重要です。

データ分析。最適化

ソフトウェアの最適化によって得られる明瞭さは、よりスマートなデータ収集と管理の機会を提供します。昨今のデジタル化により、私たちはこれまでにない量の情報にアクセスできるようになりました。実際、ヘルスケアにおけるデータ量は、以下のように増加しています。48%毎年.この複雑さを乗り越えるのは困難です。それを分析し、効率的に利用することができる病院が、大きな戦略的優位性を持つことになるのは間違いありません。

医療にビッグデータを取り入れることは、多くの ポジティブな影響.アドミニストレーティブ・ワーカーは、情報に基づいた戦略的計画を実行するためのインプットが増えました。例えば、ストレージの分析結果をカレンダーと同期させて、新しい薬の供給が必要になったときにアラートを出すことができます。また、医師は リソースの活用とケア提供の主要プロセスの実行.また、手術室や機械の空き状況を快適にプログラムしたり、業務を中断することなくシフトを組むことができます。患者さんは、スムーズな入退院プロセス、医療従事者とのより良い関係、さらにはフィードバックの機会など、様々な形でこれらの改善を体験することができます。

データをもとに今後の展開

もっと大きな視点で考えてみませんか?適切なデータの同期と統合は、未来への投資です。それは潜在的な問題を回避するチャンスであると同時に、他のテクノロジーや最新のクラウドソリューションへの開かれた約束でもあります。

のためのすべての内部プロセスを直接準備する役割を果たしています。 第4次産業革命.医療機関は、この現実に目を背けてはいけません。結局のところ、人工知能、機械学習、モノのインターネット、ブロックチェーン、その他の新興技術が 業界の未来.そして、今こそ大胆に挑戦すべき時なのです。相互に接続された「スマートホスピタル」は、以下のようになるでしょう。 2020年には現実になる.

高度な技術を導入し、人々に正しく使ってもらうことは複雑です。一般的な非効率性や曖昧さに加えて、管理ミスや資源の浪費、情報の漏洩や損失、さらには人間関係の対立などの可能性もあります。ソフトウェアの最適化は、多くの場合、新たな命を吹き込みます。より明確でより良いデータ収集のために、医療機関はデータを統合・同期化するソリューションを用いて未来に踏み出すことを躊躇すべきではありません。

IT業界で20年以上の経験を持つシリアルアントレプレナーであるトーマス・ベルンドルファーは、医療機関を統合、同期化、ITプロセスの苦痛から解放することに豊富な経験を持っています。のCEOを務めています。 Connecting Software. 自信を持ってデジタルトランスフォーメーションを進めることができる.