サバート&CB Replicator

ズォルト・ベケ サクセスストーリー コメントを残す

"140人以上のビジネスユーザーと3カ国に6つの製造工場があるため、顧客データへの適切なアクセス権を行使することが必要でした。"

マイク・フリーマン情報技術担当副社長

サバートについて

1983年、Sabert Corporationの創設者であるAlbert Salama氏が、ニューヨークのアパートから最初のプラスチックトレーを売り出したときから、世界は大きく変化しました。過去30年の間に、ニュージャージー州を拠点とするSabert社は、革新的な食品包装製品とソリューションを提供する世界的な大手メーカーに成長しました。さらなる成長を可能にするためには、セキュリティと信頼性を維持しながら、Microsoft Dynamics CRMの豊富なCRM機能とMicrosoft SharePointの柔軟な文書管理機能を統合する必要がありました。

チャレンジ

"私たちは、Dynamics CRM 2013 のドキュメントを CRM の外に保存し、オンプレミスの SharePoint 2013 を選択しました。Dynamics CRMとSharePointの統合により、営業担当者はすべての顧客情報にアクセスできるようになりました。しかし、誰でも何でもアクセスできるという欠点がありました。そのため、迅速な解決策が必要でした。

Dynamics CRMのドキュメントをSharePointに格納する際に問題となるのが、権限と権限の同期が取れていないことです。この問題により、SharePointの権限を持たないユーザーがCRMに必要な権限を持たずに機密文書にアクセスしてしまい、企業の機密データや機密性の高いデータが漏洩してしまうことが多くあります。

顧客情報がCRMに保存され、関連文書がSharePointに保存されているSabert社は、顧客の機密データを適切に保護しつつ、意思決定者が重要な文書に確実にアクセスできるようにするソリューションを必要としていました。

解決策

この致命的な問題を解決するために、2015年7月、Sabert社はConnecting Softwareを採用しました。すぐに使えるCB Dynamics CRM - SharePoint Permissions Replicatorを使用することで、Dynamics CRMの権限をSharePointにシームレスに自動で正確に同期させることができ、機密文書を不正アクセスから保護することが可能になりました。

CB Dynamics CRM - SharePoint パーミッションリプリケータ は、Dynamics CRMのデータ項目の権限変更をバックグラウンドで監視し、その変更をSharePointの各項目に自動的に同期させる、小型ながらも強力なアプリケーションです。エンドのDynamics CRMとSharePointシステムにアクセスするために、当社のConnect Bridgeプラットフォームを利用しています。

結果

Sabert社は、SharePointで適切なCRMセキュリティロールを実行しながら、ビジネスユーザーが関連する顧客情報へのアクセスを継続的かつ瞬時に可能にするセキュアな統合を実現したことを誇りに思っています。彼らは、最も機密性の高いデータが詮索されることなく安全であることを知り、安心感を得ることができました。

Sabert社の情報技術担当副社長であるMike Freeman氏は、最終的な結果に非常に満足しています。

"一度設定してしまえば何も考えなくてもいいソフトの一つです。動作していることが分かっているので、チェックする必要がありません...それが言うとおりに動作します。 他のソフトウェア会社には、いろいろ言っているけど、言ったことをしない会社があります。"

カスタマーストーリーをPDF版でダウンロードできます。

CB Replicatorをご利用いただく理由

短い動画を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です