OnDemand4U は Connecting Software CB Dynamics から SharePoint Permissions Replicator で成功しました。

SharePointの権限とDynamics CRMの権限を同期させる方法。OnDemand4UとConnecting Softwareの成功事例。

ラドー・グロヴナ サクセスストーリー コメントを残す

オンデマンド4U ジーエムベーハー は、ドイツを代表するDynamics CRMオンラインパートナーです。.2011年にザールブリュッケンで設立された同社は、2013年からORBISグループの一員となり、マイクロソフトから名誉ある ダイナミクスのためのインナーサークル を2015年に受賞しました。同年には、「Microsoft Cloud CRM Partner of the Year」の最終選考にも残っており、世界で最も有能なパートナーとして Dynamics CRM Online / Dynamics 365 営業のために。には、「営業のための」という意味で ポートフォリオ OnDemand4Uが提供するマイクロソフトのクラウド製品の中には、Dynamics Social Engagement、Power BI、Microsoft Office 365、Microsoft Azureも含まれています。

業務プロセスをクラウドに移行するプロセス全体を通して、知識を持って顧客をリードしています。 - OnDemand4Uは、コンサルティングから、カスタマイズされたソリューションのトレーニングを含むインプリメンテーション、プロジェクト終了後のサービスまで、一貫したサービスを提供します。同時に、OnDemand4Uは、この移行がお客様のビジネス運営に支障をきたすことのないようにします。

Dynamics CRM の権限を SharePoint に確実に移行するために、OnDemand4U はオーストリアのパートナーである同社の革新的でコスト効率が高く、導入が容易なアプリケーションを使用しています。 Connecting Software. と呼ばれています。 CB Dynamics CRMからSharePointへのパーミッションリプリケータ これは最初のもので、今のところ唯一のものです。

Peter Gründler Connecting Software CB Dynamics から SharePoint Permissions Replicator への OnDemand4U の成功

ペーター・グリュンドラーOnDemand4U社のプロジェクトマネージャーである彼は、このソフトウェアと、ある顧客への導入についての経験を語ってくれました。このケースでは、CRMからの権限は、SharePointの文書管理の電子メール(=アクティビティ)に対して特別に複製されています。

挑戦したのは、"このソフトウェアを mscrm-addons.com の AttachmentExtractor に合わせるためには、2つの異なるメーカーのアプリケーションであり、互いに「会話」しないことが必要です。Extractorは追跡されたEメール(Activityを参照)からSharePoint OnlineへのEメールの添付ファイルを抽出し、ReplicatorはCRMからSharePointへのActivityへのパーミッションを複製します。"

ペーター・グリュンドラーは、このソリューションの主な利点を何よりも重視しています。 SharePointにCRM権の概念をシンプルかつコスト効率の高い形で実装 また、CRMのストレージコストを長期的に削減することもできます。"添付ファイルがSharePointに移動されると、ユーザーはCRMストレージを節約することができます。このお客様の場合、約14GBのCRMメモリを節約することができ、1GBあたり4.20ユーロの月額費用がかかりました。しかし、SharePointでは、最初から約1TBのメモリを使用することができます。ストレージの価格ははるかに安いです。"グリュンドラーは、コンサルタントが簡単に製品を設定できることにもメリットを感じている。

ご存知のように、Dynamics CRMからSharePointへのファイルのライブマイグレーションは、マイクロソフトが独自のソリューションを提供しています。メリット:SharePointは、組織内外でのコラボレーションを容易にするための多くの追加DMS機能を提供しています。デメリット マイクロソフト社の統合では、ドキュメントの移行のみが可能で、ドキュメントに関連するアクセス権も同時に移行することはできません。.文書はSharePointで自由にアクセスできるため、不正アクセスからは保護されていません。

CB Dynamics CRMからSharePointへのパーミッションリプリケーターは、SharePointと互換性のないDynamics CRMのパーミッション構造を、SharePointに移行した文書に自動的に、安全かつ確実にミラーリングします。これらのファイルは、Dynamics CRMのファイルにもアクセスできる権限を持つユーザーのみが閲覧・アクセスできます。これにより、より高いセキュリティとコンプライアンスを実現します。

を使用してアプリケーションを開発しました。 Connect Bridge を使用しており、アクティブ時には相互に動作します。Connect Bridgeは、ソフトウェア開発者、システムインテグレータ、独立系ソフトウェアベンダーのニーズを満たすために特別に設計されたConnecting Softwareの統合プラットフォームです。SharePoint、Exchange、OneDrive、Dropbox、Office 365、Outlook、Gmail、Dynamics CRM、SAP、Active Directory、QuickBooks、Salesforce、Marketoなど、30以上の最も一般的な標準的なビジネスアプリケーションのデータベースをテーブルとして表示し、任意のソフトウェアを介して管理することができます。

既製のコネクタのおかげで、開発者は統合されたLOBのAPIの知識がなくても何とかなります。 Connect Bridgeでは、4つの基本的なSQL文(CRUD)を知っているだけで、あらゆるソフトウェアを統合することができます。プログラミング言語に関係なく、1つ以上の標準アプリケーションを使用することができます。

CBパーミッション・レプリケータを使用する理由

短い動画を見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です