ORBISとConnecting Softwareのパートナー成功事例

オルビスとConnecting Softwareが提携し、Dynamics 365の隠れた問題を解決へ

アナ・ネト サクセスストーリー コメントを残す

Martin Fahrnberger - ORBIS

"パーミッションレプリケーションのフルソリューションには、常にConnecting Softwareをお勧めします"

- ORBIS Austria GmbHのマネージングパートナー、Martin Fahrnberger。


相棒です。 オルビス・グループ

本部です。  ドイツ・ザールブリュッケン

お客さま DACH地域(ドイツ、オーストリア、スイス)を中心とした国際的な企業・事業体

活動しています。 ITコンサルティング


オルビスとは?

オルビス・グループは 国際的なソフトウェアとビジネスコンサルティングの会社1986年にドイツ・ザールブリュッケンに設立されました。

現在、ドイツ国内に複数のオフィスを持ち、ヨーロッパ、アメリカ、中国に展開しています。

オルビスは、約800名の従業員を擁し、お客様のIT戦略やビジネスプロセスの最適化から、デジタル化、システム導入、統合化まで、様々な課題に対してアドバイスやサポートを行っています。

Connect Bridgeで始まる

今回は、ORBIS Austria GmbHのマネージングパートナーであるMartin Fahrnberger氏にお話をうかがいました。その結果 Connecting Softwareを初めて知ったのは2010年。 CEOのThomas Berndorfer(トーマス・ベルンドール)氏から直々に。Martin Fahrnberger氏もThomas Berndorfer氏も、当時オーストリアのウィーンにおり、マイクロソフトのイベントには定期的に参加していた。ある時、トーマスが Connect Bridge - は、異なるビジネスアプリケーションの統合をより簡単にする強力な統合プラットフォームです。

イメージ

「Connect Bridgeは、SAPやCRMのデータをSharePointに取り込むことが目的だったので、SAPとCRMのドキュメント統合を構築するために導入しました」とMartin Fahrnberger氏は説明します。統合ソリューションを一から設計する必要がないことや Connect Bridgeを使用することは、時間とリソースを節約し、デバッグとメンテナンスの労力を削減することを意味します。.

しかし、それは最初の一歩に過ぎなかった。Connecting Softwareは、Connect Bridgeのコンセプトをさらに一歩進めて、具体的な問題を解決するための具体的な製品づくりを始め、既成概念にとらわれないさまざまなソリューションを生み出していったのである。その中の1つが、まさにオルビスのお客さまが抱えていた問題を解決するものだった。

SharePointのDynamics Documentsの問題点

Dynamics 365導入のリーディングパートナーとして、オルビスはお客様からCRMシステムとの統合のニーズによく直面します。 SharePointをCRM関連文書の保管場所として希望する. 両製品の統合を実現することは、決して難しいことではなかったが、問題があった。 セキュリティロールとパーミッションが自動的にコピーされないことに、お客様は驚かれました をSharePointに変更しました。「と、Martin Fahrnberger氏は指摘します。「手動で権限を設定することもできますが、明らかに効率的ではなく、実用的ではありません。SharePointとDynamicsを統合するシナリオでは、Dynamicsの権限モデルが非常に詳細であるため、ユーザーは当然、SharePointに保存されたDynamics文書に同じ権限を持たせたいと考えるでしょう。

これはまさに CB Dynamics 365 to SharePoint Permissions Replicatorという、すぐに使えるソリューションがあります。このソリューションはConnect Bridgeのプラットフォームをベースにしていますが、エンドユーザーはこのことを知りもしないのです。"基本的にプラグアンドプレイで問題を解決しますと、Martin Fahrnbergerは総括しています。

また、DynamicsのドキュメントをSharePointで管理している企業で、「必要性を感じている」企業にも好評です。 高信頼性と、Martin Fahrnbergerは続ける。実際、次のようなプライバシー関連の規制は数多く存在します。 GDPR/DSGVO 或いは シーシーピーエー は、個人情報を含む文書に誰がアクセスできるかを把握する必要があります。Dynamics側ですでに適切なアクセス許可を設定していたとしよう。その場合、Martin Fahrnbergerは「なぜユーザーはDynamicsに接続されているドキュメントにも同じように詳細なアクセス許可を設定したくないのでしょうか」と問いかけます。

実際、そうなんです。 CB Dynamics 365 to SharePoint Permissions Replicatorを使用することで、SharePointのパーミッションがDynamicsのパーミッションと完全に一致するようになります。 と、自動的に同期が保たれることです。

SharePointにおけるDynamicsドキュメントのパーミッションについて

閉会挨拶

では、長年にわたってさまざまな顧客やシナリオで使用してきたORBISは、このツールをどのように感じているのだろうかと疑問に思われるかもしれません。Martin Fahrnberger氏は、このツールを次のように見ています。 中小企業から大企業まで、"便利で実用的なソリューション "を提案.さらに彼は、このソリューションの使いやすさにも注目しています。"必要であればSaaSのコンポーネントでありながら、複雑さも持ち合わせています。顧客として細かい部分までマッチングできるAzure環境で運用することができます。"

Martin Fahrnberger氏は最後に、「マイクロソフトは、パートナーに頼ることを推奨しています。同様の機能を社内で構築することもできたかもしれませんが、その勧めに従い、Connecting Softwareに信頼を置いてよかったと思います。 彼らの顧客成功への献身と、私たちのどんな要望にも素早く対応する姿勢は卓越しており、製品の品質は、「作るか買うか」の決断を迷わせるものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。