ミドルウェアが航空旅行管理を変える方法

ComputerWelt

PDFダウンロード
元の記事

航空業界は常にテクノロジーに精通していますが、それと同じように旅行業界もそのトレンドに追いつこうとしています。統合・同期技術は、人員、事務処理、複数のアプリなどの生産コストを削減しようとする旅行会社に浸透しつつあります。パラダイムは急速に変化しています。旅行会社は、バラバラのソフトウェアで構成された複雑なシステムの代わりとなる1-2種類の先進的なソリューションに投資し、できるだけ早く投資効果を得ようとしています。Technavio社の最新レポートによると、世界のトラベルテクノロジー市場規模は、2019年から2023年の間に64億米ドルの成長が見込まれています。

Connecting Softwareは、最近この分野の専門家をチームに迎え入れたことから、トラベルテックとの協力関係について詳しく見ていきます。当社のセールスディレクター兼事業開発担当のEduardo Coreixoは、これまでいくつかの航空旅行管理技術会社に勤務し、この分野で経験を積んできました。

今回、Eduardo Coreixo氏は、この分野の双方から得た知見をもとに、最も大きなデジタル変革を経験している航空旅行管理分野を分析しました。彼の意見では、今後数年間は、さまざまなシステムがスムーズに通信できるようにするミドルウェアにすべてがかかっているとのことです。そしてもちろん、革新的な統合・同期化ソリューションを提供するConnecting SoftwareのようなIT企業も重要です。

彼は、統合ソフトウェアが最大の違いをもたらす5つの主要分野を挙げています。

フライトアグリゲーターを通さず、旅行会社と航空会社を直接結ぶ

旅行会社が航空会社からフライトデータを受け取る方法については、大きなトレンドの一つです。従来、旅行会社はフライトアグリゲーターやGDS(Global Distribution System)と呼ばれる代理店と航空会社の間のレイヤーから情報を操作していました。

現在、航空会社の規制機関であるIATAの新しいプログラム「New Distribution Capability(NDCプログラム)」により、中間マージンがなくなりました。

旅行代理店は、データフローを一段階削減することで、GDSへの取引コストがなくなり、利益率が向上します。また、NDCチャネルから独占的な料金を受け取り、より多くの種類のフライトや付帯サービス(超過手荷物、レッグルーム、Wi-Fiなど)を利用することができます。

もちろん、まだすべての企業がNDC規格をワークフローに導入しているわけではありませんが、多くの企業が導入を進めています。航空会社のワークフローを効率化するためには、まさにこの分野でミドルウェアが大きな役割を果たすことになるだろう。

B2Bの顧客と旅行会社のプラットフォームをつなぐ

また、旅行代理店にとって最も収益性の高いビジネストラベルの分野も急速に変化しています。これには、旅行代理店のB2B顧客専用のカスタムフライト検索プラットフォームの構築が関係しています。通常の顧客向けの一般的なフライト検索プラットフォームではなく、特別な専用プラットフォームです。

現在、企業が従業員のフライトを予約する必要がある場合、旅行代理店が提供するプラットフォームにアクセスし、通常はフライトの特別割引を受けることができます。企業側は、必要な財務書類やサービスに裏打ちされたフライトオプションやその他のデータを画面上で確認でき、旅行代理店側は、メールでのやり取りではなく実際の業務に集中することができ、双方にとって非常にスムーズなプロセスとなっています。

これは、Connecting Softwareのような企業によるシステムインテグレーションがあってこそです。以前はGDSが自給自足していましたが、今はミドルウェアを適用することでより節約できるようになりました。

旅行アプリをCRM、ERPシステムに接続

旅行会社向けのフロントエンドのソリューションは数多くありますが、バックエンドにはある種の空白が見られます。多くの旅行会社に不足しているのは、旅行アプリとCRMやERPとの統合です。巨大なエコシステムには、企業側に費用と時間をかけず、ダウンタイムを防ぐソリューションが必要です。

このような場合には、統合プラットフォームを利用するとよいでしょう。カスタム開発では、プログラミングとテストに数ヶ月を要しますが、Connect Bridgeのようなプラットフォームを利用すれば、コードを最大90%まで削減することができます。また、Connecting Softwareはビジネスアプリケーションとの連携が多いため、このプラットフォームにはSalesforce、Dynamics 365、SugarCRM、さまざまなERPシステム用のコネクタがあらかじめ組み込まれており、統合を比較的迅速かつ容易に行うことができます。

Bleisure - ビジネスとレジャーの融合

企業が社員をタイトなスケジュールで会議に送り出し、寄り道や娯楽を許さなかった時代は終わりました。今は、社員が会議場で1〜2日余計に遊んだり、配偶者を旅行に招待したりしても構わないと考えている。このような「おまけ」は社員の予算内で起こることがほとんどだが、この複雑な旅程を解決するのは、やはり旅行会社である。

ブレジャー・トラベルとは、「ビジネス」と「レジャー」を組み合わせた言葉です。この言葉が旅行会社に定着してから、専用ソフトの開発が現実に即して行われるようになりました。

以前は、このような複雑な予約を旅行代理店が手作業で行う必要がありました。しかし、ミドルウェアの登場により、予約システムを1つに統合し、航空券の管理をより自動化することができるようになりました。

より少ない量でより多くのものを作る

航空会社が機内での旅行者のセキュリティに対処するように、旅行会社は個人情報、クレジットカード、GDPRへの対応などを扱うため、顧客のデータセキュリティに気を配ります。このような大量の機密情報を扱うためには、請求書作成、プロファイル管理、CRM、ERPなど、複数の種類のソフトウェアが必要になります。さらに、B2Bの顧客とB2Cの顧客など、バックオフィスが分かれている場合はなおさらです。このような状況では、分散したソフトウェアを接続することは非常に理にかなっており、無駄のない管理、時間の節約、ドキュメントの共同作業を可能にし、さらにセキュリティを強化することができます。

また、このような企業のマネージャーは、複数のメールボックスを使って仕事をすることが多い。そのため、毎回、アカウントにログインしたり、ログアウトしたり、予定が重なっていないかどうかを確認する必要があります。統合ソフトウェアは、複数のOutlookアカウントを同期させることでこの問題を解決し、カレンダー、電子メール、タスク、連絡先を相互に利用できるようにして、ビジネスプロセスをよりスムーズかつシンプルにしています。

テークアウト

国際的な観光や旅行はここ数年で増加しており、この傾向は今後も続くでしょう。しかし同時に、エンドユーザー向けの旅行アプリの普及により、旅行会社は消滅の危機にさらされています。それを防ぐ唯一の方法は、費用対効果の高いワークフローを実現するテクノロジーを導入し、顧客と航空会社の両方に、最速で経済的かつ乗客本位の方法でイノベーションを提供することです。

旅行会社はデジタルトランスフォーメーションを歓迎しており、統合や同期のソリューションを求めているため、ミドルウェアを製造している企業にとってはホットな時期となっています。Connecting Softwareは、旅行業界の大手企業2社から共同プロジェクトの可能性を示唆されており、この旅に乗り出すことを楽しみにしています。

背景

Eduardo Coreixo、Connecting Softwareのセールスディレクター兼ビジネスディベロップメント。以前は、トラベルテック企業であるAtriis社およびTTS - Travel Technology & Solutions社のセールス・ディレクター兼ビジネス・ディベロップメント・マネージャーを務めていました。彼自身の言葉を借りれば、トラベルテックにはアイデア、アプリケーション、キャリアの機会が尽きることはありませんが、統合・同期化ソフトウェア会社への参加を決めたのは、ソフトウェアが重要なビジネスプロセスを解決する自動車、製造、公共部門、サービスなど、より多くの分野で自分自身を試してみたいという挑戦心からでした。