機会の海

Érica Franco - Diário de Notícias da Madeira

PDFダウンロード
元の記事

2020年、ディオゴ、ペドロ、アンドレは、この楽園の島に移り住み、マデイラで成長している国際的なIT企業であるConnecting Softwareで新たなプロフェッショナルとしての挑戦をする機会を得ました。

ディオゴ・ペレイラ(33歳)はフンシャルで生まれ、他の多くの地元の人と同じように、大学に行くためにリスボンに移り住んだ。情報技術(IT)の分野で野心を持ち、コミュニケーションの天性の適性を持っている人にとって、マデイラは15年前には「小さすぎる」と思われていました。

リスボンには14年ほど住んでいましたが、最後の1年はオポルトに住んでいました。勉強のためにここを出て、すぐに仕事を始めました。そして、そこから来た人と結婚しました。もう家も物も全部あったし、生活のペースにも慣れていたので、帰国しても意味がないと思いました。

すべてが順調に進んでいた若き起業家は、2019年5月にバイクの大事故に遭い、1年かけて回復したことで進路変更を余儀なくされた。

"震え "というアクシデントに見舞われました。それは本当に深刻なものでした(・・・)また歩くこと、座ることなどを覚えなければなりませんでした。そのせいで、少しだけ土下座をしてしまった。全てが買われているわけではなく、全てがキャリアに関係しているわけではありません。いくら家族がいてもメインではなかったし、一緒にいないと時間が足りない。私は7月[2020年]にここに来て、両親に言った。私は7月[2020年]にここに来て、両親にこう言いました。ここには私が欲しいもの、必要なものがすべて揃っている』と。

この時点で、彼の歴史は、オーストリアに拠点を置く国際的なソフトウェア・インテグレーション会社であるConnecting Softwareの歴史と交差しています。

"スタートアップ・マデイラのカルロス・ロペス・ソアレスとLinkedInを通じて話をし、「戻ってきたいが、どんなチャンスがあるかわからない」と伝えました。それに対して彼はこう答えた。"ここにはたくさんのチャンスがありますよ "と。私は驚きました。IT企業や、Connecting Softwareのように海外の顧客と仕事をする会社がこんなにたくさんあるとは知りませんでした(中略)「外に出て、戻ってきてマデイラを大切にするのはいいことです。ここにいると、すべてが小さいと思ってしまうが、外に出てみると、結局はそうではなく、すべてがここにあることに気づく」。

同じことがペドロ・ノローニャ(28歳)にも起こりました。彼はポルトで機械工学を学ぶためにマデイラを離れましたが、このコースはここには存在しませんでした。卒業後、彼は産業環境に関連した仕事をいくつか経験し、結局ポルトからリスボンに引っ越し、そこで喜び勇んで定住しました。マデイラに戻る予定はなかったが、新型コロナウイルスが流行し、首都に閉じこもっていたため、海と自然への愛がより強く語られるようになるまでは、マデイラに戻ることは考えていなかった。

"みんなが家に隔離されていたとき、私と彼女が気づいたのは、私たちが失ったものは、車でスペインに行くことではないということでした。ビーチに行ったり、山にハイキングに行ったり、マデイラ島にあるすべてのものが恋しかったのです。

アンドレ・ラファエルの旅は、彼がレイリア地方出身であることから、全く同じではありませんでした。彼らは、しかし、彼はこの新しい挑戦を受け入れるようにした彼のガールフレンドによって作られた根のようだった。それは非常に短い時間で、いくつかの制約の中で起こったので、変化は、彼は告白する "複雑だった "と "私たちが住んでいる文脈を考えると。適応は比較的簡単でした。

"ここでのライフスタイルは完全に異なっている:それははるかに穏やかで、自然との接触ははるかに大きいですが、そんなに都市の場所とすべてが近いことはありません。このすべてが生活の質の向上に貢献しています"、もちろん。

ディオゴ、ペドロ、アンドレの3人は、Connecting Software社が最近採用したメンバーです。Connecting Software社は現在、マデイラ島で18人を雇用しており、平均年齢30歳のチームです。同社のCEOはDIÁRIO紙に、「すぐに」20人の従業員を確保し、「おそらく来年には40人に達する」ことを目標としている。

"私がここに来た当初の理由は、オーストリアやスロバキアでは優秀な人材を見つけることができなかったからです。私は最初に良い人脈を作り、人々と出会う機会を得ました。どんどん良くなってきています。私たちはここで研究をしたいだけで、他のどこかに投資することには興味がありません」とトーマス・ベルンドルファーは断言します。

"マデイラは住むには素晴らしい場所です。"ヨーロッパ大陸に近く、天候は一年中最高で、食べ物も美味しく、人々はフレンドリーで、ユーロもあり、社会保障もある...と、本当に完璧な場所です。

IT分野では、さらに大きな可能性を秘めています。"私はいつも冗談で、ここは "シリコン・マデイラ "だと言っています。ここには何千もの雇用を創出する可能性があります(中略)IT部門は完璧です。人々は快適な場所に住みたいと思っていますし、大規模な産業や物資の輸送は必要ありません(これは島の問題のひとつですから)。多くの人がマデイラ島に住んでみたいと思っているはずです」と彼は主張する。

2020年、ディオゴ、ペドロ、アンドレは "楽園の島 "に移動し、マデイラで成長したいと考えているテクノロジー分野の国際企業であるConnecting Softwareで新たなプロフェッショナルとしての挑戦をする機会を得ました。パンデミックの真っ只中でのことです。

一方で、島が税制優遇を提供していることも、より多くの国際企業を誘致するための資産であると強調しています。"ヨーロッパ共同体の中で最も脆弱な地域を対象としているので、良いコンセプトだと思います。マデイラは大陸とつながっていないので、[ヨーロッパの]中心部から離れているのは当然のことです。自由貿易区は、競争市場の『バランス』を取ることを可能にします。

このため、トーマス・ベルンドルファー氏は、政府に「ホテルにお金をつぎ込むのをやめて、IT部門に投資すること」を提案しています。"すべてのお金は観光振興に投資され、今、我々は問題を抱えている:観光とホテルが閉鎖されており、それは周りを見て、他のビジネスがマデイラに持って来ることができることを実現するために考えられていなかった "と彼は主張しています。

私たちが生きている不確実なシナリオの中で、Connecting Softwareのような企業は、市場の経済収縮期に「新鮮な空気の息吹」として現れます。それはマデイラが何を提供しているかを示し、「島に何か見返りを与える」ということです。

"大都市や北欧の寒さに疲れた人を外から雇うつもりですが、何よりも資格を持ったマデイラ人に島に戻る機会を与えたいと思っています」とThomas Berndorfer氏は話します。