M&Aプロジェクト中のメール移行でお困りですか?CB Exchange Server SyncとExchangeのアカウントをシームレスに同期して移行する

アナスタシア・マズール 会社情報, 製品とソリューション コメントを残す

メールの変更にはいくつかの理由があります。 最も複雑なものの一つは ビジネストランスフォーメーション 合併 を取得しました。 そのような プロセス 必要があるs おまけ 努力と監督。  

M&Aの理由が何であれ、新たに加わった事業体には、インスタントなコミュニケーションとコラボレーションが必要です。また、世界ではメールが主なコミュニケーション・コラボレーションツールとなっているため、不協和音システムを取得することで しごと併合 から dあい o, 〆切後 が最優先です。これには、会議のスケジューリングのための完全なカレンダーの相互運用性を持つことや 最新 人脈とタスクがあり、仕事ができること すんなり 以前のように  

E郵便物 移住事業 起こりうるセナリオス。 

  • A社は、買収の際にB社のカレンダーとメールシステムを自社内に統合する必要があります。 
  • A社とB社 成り立つ 新しい ふたうちメールシステム 現存 合併の際に 
  • A社が2つの会社に分割される 遺産分割の際に必要となります。 二股をかける 郵便受けシステム;
  • いくつかの小規模企業では、統合の場合には少ないメールボックスシステムに移行する必要があります。  

M&Aによる移行案件の複雑化

複雑さ メール移行プロジェクトの o箇条書き 技術的な変数。  

まず最初に Exchangeの位置 S鏨(たがね をM&Aで2社に譲渡することを決定した。Exchangeのような企業のメールボックスインフラの一部はオンプレミスで展開されているsいくつかはSaaSとしてアウトソーシングされ、他のものは他の場所でホストされています。 雲の中 

Exchangeといえば Sナーバーは、しばしば企業が持っています。 Exchange 2010、Exchange 2013、Exchange 2016のような異なるバージョン, Exchangeオンライン (独立したメールサーバまたはOffice 365の一部として)。 或いは Exchange 2019年. このように の間でメールボックスを移行する 諸版 にはさらなる課題があります。同一ドメイン、クロスドメイン、クロスフォレストの移行などの要件を追加した場合、IT チームによっては、このタスクがストレスになりすぎると思われるかもしれません。 サードパーティのアプリケーションなしで. 

その上、以下のような企業が多いです。御出で M&Aのプロセスを考える Office 365への移行 を最終的なソリューションとして提供しています。しかし、Office 365のテナント間移行を行わなければならないなどの事情により、それらを阻害する可能性があります。 から オンプレムExchangeからOffice 365へ, またはその逆です。 

ドなしで尻尾 このような重要な移行プロジェクトは、ワークフローに悪影響を与え、機密データを危険にさらす可能性があります。さらに、M&Aの際には、すべてがバラバラになっているように見える場合もあります。, けいけん ダウンタイム 郵便受けエス とカレンダーは完全に受け入れられません。しかし、残念ながら、企業はこれによってさえも苦しんでいます。 

IT統合への無秩序なアプローチは、買収から価値を奪う可能性があります。メールボックスのスムーズな移行を実現するために、企業は 往々にして 同期ソフトが必要 にとって 動機 メールボックスとデータ。 ビジネスの生産性を損なうことなく  

標準的なExchangeの場合 Sサーバーの移行ができない場合、最も複雑な移行シナリオを解決するツールは CB Exchangeサーバ 同期 Connecting Softwareで。 

CB Exchange SyncでストレスなくM&Aメールボックスの移行ができること

Connecting Softwareは、CB Exchange Server Syncを開発したので、異なるExchangeアカウント、ドメイン、サーバー、またはさらには別のExchangeアカウントで、自動的にメールフォルダ、連絡先、カレンダー、タスク、パブリックフォルダを同期することができます。 同一ドメイン・同一サーバー - ニーズに合わせてダウンタイムを計画して仕事を止める必要はありません。このサービスは、ネットワークが使用されている間にメールボックスを同期させることができます。最初に同期してから移行を完了させ、すべての準備が整ったら冗長化されたサーバーを退役させます。

CB Exchange Syncは、例えば、クライアントが異なるActive Directory(AD)ドメインとメールドメインにある2つの独立したExchangeサーバーを持っているため、標準のExchangeサーバー移行ができない場合に最適なソリューションです。この移行は一度ではできません。そのため、ユーザーが新しいサーバーに切り替えている間、2つのサーバーを共存させる必要があります。

シナリオ1。取得。Exchangeサーバーの異なるバージョン

A社から大きなA社を想像してみようオーストラリア B社から小さいB社を買収したraジルアndは今、新しい従業員をネットワークに組み込む必要があります。A社はExchange 2019を使用し、B社は-Exchange 2013を使用しています。これらの事業体の場合、買収プロセスは約半年かかることになります。この期間中、B社の従業員は、2つのExchangeアカウント(自分の古いアカウントとA社の新しいアカウント)を使用して作業を行います。B社のチームは、取得プロセス全体の間、両方のメールボックスを同期させ、カレンダーを作成します。買収が終わると、彼らは手間やダウンタイムなしでA社のサーバーに切り替えることができます。  

オートマッピングとポスト処理

CB Exchange Server Syncには、あらゆる移行プロジェクトを容易にする便利な機能があります。例えば、異なる国から会社を買収した場合、アカウント間のマッピングは、異なる言語であるにもかかわらず、自動的に行われます。オーストラリア)と ポルトガル語 (Bラジル).自動マッピングにより、フォルダ内のメールボックスの項目を自動的に同期したり、複数の言語でアカウントをミラーリングしたりすることができます。また、選択した場合、各項目はすべてのプロパティで移行されます。 

企業の場合 決める 一方向同期の後処理機能では、メールの件名に特別な記号、例えば REF.Mailbox A のようなマークを付けることができます。この場合、どのアイテムがオリジナルでどのアイテムがレプリカなのかがすぐにわかります。 

シナリオ2。統合。Exchangeサーバの異なる場所

別のシナリオを想像してみましょう。ある会社は いくつかの小さな事業体からホールディングを形成する。ホールディングスのトップがすべての部品を調整することになるので、統合的な経営体制が必要になります。しかし、以前は全く関係のない会社で、メールボックスのシステムも別々だったため、ホールディングの中の部品は 異なる Exchange インスタンス どっかe である ホスト付き, そして 他の者は オンプレム。  

現在、ホールディングでは、トップマネジメントがそれぞれのシステムに統合されていなければなりません。彼らは、すべての部門の同僚が混乱や予定の重複なしに協力できるように、すべての面でカレンダーを作成しておく必要があります。. さらに、彼らは以下のことができます。 連絡先を共有し うけとる タスクを実行します。 

この場合、定期的な同期はできません。  

ここでも、CB Exchange Server Syncがスムーズな移行のための仕事をしてくれます。このソリューションは非常に柔軟性が高く、プロジェクトの要件に合わせて拡張性があります。 

その上、Outlookアカウントを異なる部門と同期させている管理者は、すべての人に完全なカレンダーを表示する必要はありません。CB Exchange Server Syncでは、ある特定の時間に忙しいことを示すことができます。, しかし、どちらの側の部下にも、自分のアポイントメントの内容を正確に伝えることはできません。データの完全性は、安全で暗号化された接続で保証されています。 

シナリオ3.マージする。リソースの共有

A社とB社が合併することになりました。さらに言えば、すでに一つ屋根の下に移転しています。問題は、Exchangeサーバーの異なるインスタンスを使用しており、まだ何をすべきか決めていないことです。しかし、会議室のような共通のリソースを持っており、今すぐ重複予約を止めなければなりません。この場合、企業はCB Exchange Server Syncを使用して、複数のドメイン間で同じリソースへの複数の参照を同期させています。によると お客様の声これは、合理的なコストのためのエレガントなソリューションです。

費用対効果

M&Aの財務的な意味合いといえば、様々な 源流 買収プロジェクト全体の5-15 %をITシステムの移行に費やすことができます。そんなに高額である必要はありません。Connecting Softwareは、M&Aメールボックスの移行プロジェクトのためのソリューションを提供します。 その コストと手間のかからない同期を保証します。チェック CB Exchange Server Syncオプション をご覧になり、無料のチュートリアルをご希望の方はお問い合わせください。  

また、私たちの 専門家 を参照して、CB Exchange Server SyncがM&A移行プロジェクトに最適な同期ソフトかどうかを確認してみてください。案件の中にはd CB Exchange Server Syncの詳細については、以下のビデオをご覧ください。 

FitSmallBusiness特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です