Microsoft Dynamics 365にデータを自動的に取り込む

アナ・ネト コネクタ, サクセスストーリー コメントを残す

"わずか1週間で、私たちが考えていたソリューションを稼働させることができました」。
イング.Filippo Besana - Iperal Supermercatiのビジネスインテリジェンススペシャリスト&データマネージャー


これまで以上に、お客様をサポートし、激動の時代に信頼をもたらすことを誇りに思います」。
マグ。トーマス・ベルンドルファー - Connecting SoftwareのCEO

 

お客様です。 イペラルスーパーマーカティ S.p.a.
本部です。 イタリア
活動しています。 小売業 - スーパーマーケットチェーン
製品の応用です。 CBリンクサーバ Connect Bridge Dynamics 365コネクタ付き

Iperal Supermercati S.p.A.は、イタリアで40以上のスーパーマーケットとハイパーマーケットを所有・運営しています。その歴史は1986年にまでさかのぼりますが、当社は常に最先端の技術的ソリューションを求めており、お客様に付加価値の高いソリューションを提供することができます。

問題点 - Microsoft Dynamics 365に自動的にデータを取り込む方法

顧客関係管理のために、イペラルが導入していたのは クラウド型マイクロソフト1TP21T の解決策を提案しました。顧客との接点ごとにDynamicsでトラッキングを開始していたが、システムに入っていないときは手入力でデータを入力していた。 データは手入力 DynamicsのWebインターフェースを使ってそれは非常に 手間暇かけて非効率 を使って、このようにします。

それはさておき 顧客データは当初、Microsoft SQL Server データベースに保存されていました。しかし、新しいデータや変更されたデータがあったときに、それを手動で移動させることはあまり意味がありませんでした。データの変更にはさまざまな理由があります。お客さま自身も、Webサイトやモバイルアプリケーション、店舗に設置されたインターフェースなど、さまざまなチャネルを使って、いつでも自分のデータを編集することができます。また、お客さまに関連する他のデータも、お客さまが購入するたびに変化します。

Iperalは、これらの変更がMicrosoft SQL ServerデータベースからDynamicsベースのカスタマーサービスに伝搬することを確認したいと考えていました。 お客様が何か問題を抱えている場合は、迅速かつ完全なサポートを提供できるようにしています。
"私たちは、CRM データを別の方法で埋めなければならないと考えていました。SQL ServerからDynamicsまで、効率的かつリアルタイムに処理できる方法を求めていました」とFilippo Besana氏は説明します。

解決策を探す

自分たちの目標を知った上で、完璧なソリューションを求めて長い時間をかけて探し始めたのです...。Filippo Besanaは、このプロジェクトの最初のアイデアを次のように語っています。

"最初に考えたのは データインポート手順の開発 CRM 側でファイルベースのインポートを実行しなければなりません。修正されたデータを.csvのようなファイルに大量にエクスポートして、CRMに送信し、CRM側でインポートを実行する必要があります。これは以下のようになります。 時間がかかる であろうし 高価.しかも、最終的には私たちが求めていたリアルタイム性が得られませんでした」。

Connect Bridgeを探す

そして、ネットで検索した結果、Connecting SoftwareのWebサイトにたどり着き、Connect Bridgeを見つけたのです。Filippo Besanaは、すぐに私たちが探しているものだとわかったと言います。"a ミドルウェアソフトウェア リンク先のサーバを使用すると CRM ウェブサービスとの間で、すべての TSQL クエリを翻訳します。を、開発者にとって透明性のある方法で提供しています。

そこから先は、かなり簡単でした。イペラルはデモを依頼し、この方法で処理できるかどうかを確認しました。 彼らが入力したい数十万行 そして、すぐに実装に移った。彼らが最も苦労したのは、ネットワーク外のサーバーに接続する方法でした。"Dynamicsが提供するのは、外部とやりとりするためのWebサーバだけです」とFilippo Besanaは詳細を語る。

Connect Bridgeのカスタマーレビュー

それにもかかわらず、彼らは結局 短期間での目標達成 "SQL開発者の視点では、Linked Serverで接続された他の異種データベースと運用タスクは同じです。そのため、開発期間が短くて済み、1つ目の目標を達成することができました」。

さらに "メインテーブル上でトリガーを使用することで、リアルタイムで新しいデータを更新または挿入することができるようになりました。".これにより、「第2目標も達成され、結果的にはとても満足しています」とのこと。

解決策を実行するためのこの短い時間は、どのようなものでしたか?"わずか1週間で、私たちが考えていた解決策を実行に移すことができました。" を明らかにする。

この場合は Connect Bridge は、Microsoft Dynamics 365にデータを自動的にリアルタイムで取り込むための統合プロジェクトを可能にしました。しかし、実際には、これは 超柔軟な統合プラットフォーム と、あらゆる統合の課題に対応できます。


Connect Bridgeに関するその他のご意見をご覧ください。

記入例 アナ・ネト技術顧問、Connecting Softwareで。

"私は1997年からソフトウェア・エンジニアをしていますが、最近は文章を書いたり、人前で話したりすることが好きになりました。  この投稿の内容やConnect Bridgeに関する質問やコメントはありますか? 是非ともご意見をお聞かせください!"
ana@connecting-software.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です