Dynamics CRM 2016の7つの大きな改善点を満たす

ミラン・ティベンスキー 一般的な コメントを残す

Microsoft Dynamics CRM 2016が出てきて、ここでは、接続ソフトウェアで、私たちはそれがもたらすはずの驚くべき新機能を楽しみにしています。

マイクロソフト は今回のアップグレードを「Dynamics CRM のための最も包括的なアップグレード」と呼び、「インテリジェンス、モビリティ、サービスの向上、生産性の大幅な向上が含まれている」としています。これはかなり自信に満ちた言葉ですので、新バージョンで提供されるであろう最大の変更点のいくつかを確認してみましょう。

1.文脈に沿った文書
ユーザーは、SharePoint、OneDrive for Business、Office 365 グループなど、さまざまなオフィスアプリを任意のCRMレコードで開くことができるようになりました。これらはすべて、CRM または CRM モバイルアプリ内で行うことができます。マイクロソフトが他の社内製品の統合の改善に力を入れていることを聞いて良かったと思います。しかし、まだ SharePointの統合.

2.Outlookの次世代CRMアプリ
これにより、メールのトラッキング、メール内からの連絡先の追加、モバイル機能の改善などが行われます。モバイルCRM 2016は、一般的に、正式導入以来最大のアップデートを経験しており、最高のものはこれからです。

3.モバイルオフラインサポート
現在のDynamics CRM公式モバイルアプリでは、オフライン時にレコードを変更する機能がないことが大きな問題となっています。そこで私たちは、オフライン対応を独自に実装することにしました。 CBモバイルCRM Dynamics CRMをモバイルで利用するためのアプリで、ローミング中やインターネットに接続していない場所でも、すぐにインターネットに接続しなくてもDynamics CRMを利用できます。

MicrosoftはDynamics CRM 2016バージョンでこの問題を最終的に修正すると述べていますので、どの程度の効果があるのか本当に気になるところです。私たちのアプリと同様に、ユーザーがインターネット接続を維持するまでの間、すべての変更はモバイルメモリ内に保存され、その後に同期する必要があります。

4.エクセルの経験を強化
もう一つの統合機能の改善 - この機能は、経営者、特に営業担当者が、コミッションの計算や売上予測の管理などをCRM内で行うのに役立つはずです。これらはすべて、エクセルにエクスポートしたり、切り替えたりする必要はありません。

5.パーソナライズされた販売資料
CRMデータを元にした文書をDynamics内で作成できるようになりました。会計概要書、見積書、発注書、請求書などの文書をWordで作成する際に、CRMデータを手動で抽出する必要はありません。

6.Cortanaの統合
これはマイクロソフトにとってかなり大きなトピックですが、この機能が評価されるかどうかは本当に疑問です。マイクロソフトは、営業活動、アカウント、オポチュニティをCortanaに統合して、営業担当者に最も関連性の高い情報をいつでも表示できるようにしたいと考えています。Dynamics CRMの中で、このかわいい女性的なAIがどのような効果を発揮するのかは、これからの時代にしかわからないでしょう。

7.ガイド付きユーザー体験
新しいDynamics CRM Online 2016には、nプロダクトとコンテキストベースの学習レイヤーが含まれています。これにより、新しいリリースのたびに発生する学習プロセスが高速化されるため、クライアントはアップデート後、通常の日常業務にはるかに早く戻ることができるようになるはずです。


結論
私たちは、Microsoftが一般的なモバイル移行の傾向に沿って、全体のモバイル体験をかなり多く変更していることを見ることができます。その上、新バージョンでは、SharePoint、OneDrive、Office 365、ExcelやOutlookのような他のMicrosoft製品のための多くの統合機能が追加されます。他にもたくさんの改善点がありますが、すべてを挙げることはできません。しかし、もしあなたがこのトピックに興味を持っているのであれば、このページをご覧になってください。 ダウンロード 公式リリースプレビューガイド[PDF]

Dynamics CRM 2016のアップグレードを迅速かつスムーズに行いたい場合は、以下にお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ ご相談や追加の支援をご希望の場合は、こちらをご覧ください。

Btw: 私たちは、次のことについてのきちんとしたインフォグラフィックを作成しました。 CRM市場行って見てきてくれ

ソース。マイクロソフト、パワーオブジェクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です